川の中に勤める



皆さん、がんばってお仕事してはりますか?

momosanも土曜も日曜もずーっと仕事してます。

毎年、お花見のシーズンは実に忙しいのです。

momosanの下に派遣社員が二人入りましたが、1人は3日で、もう1人は4日で辞めてしまいました。

これはわたしになにか問題があるのでしょうか?

さて、爆笑落語「代書屋」(だいしょや)から今回もってきたコトバは、この就職シーズン にピッタリのコトバです。

主人公、松本留五郎さんが代書屋に行って、履歴書を書いてもらいます。

なにしろ自分の生年月日はもちろん、名前もさだかに言えない留さんですから、まじめな代書屋さんをおちょくりまくります。

「名前は?」

「留五郎です」

「なに留五郎さんです?」

「へ?」

「姓はなんですか?」

「背は・・・五尺・・」

ま、こんな調子です(笑)

やっと姓名、生年月日、住所と学歴を聞き終えて、さて、今までの職歴を書く番になりました。

そこで留五郎さんが言った職業が・・「ガタロウ」なんです。

代書屋さんにはそれがどんな仕事かわかりません。

留五郎さんが解説するには、長靴はいて川の中に入って、川底から鉄骨やら古釘やらを拾ってお金にする商売だそうです。

代書屋さん、まさか職歴欄に「ガタロウ」とは書けません。

大いに悩みます。

「河川に埋没した廃品を回収して・・・」

とても悩みます。

そして悩んだ末に、職歴欄に、こう書いたのです。

「川の中に勤める」

いやー夏は涼しそうな仕事ですねえ。


戻りまっか?(演題別索引に)

戻りまっか?(落語のコトバに)