鯛の浜焼き、鰻巻き卵(たいのはまやき、うまきたまご)

お頭付きの立派な「鯛の浜焼き」と、ふっくらしただし巻き卵の中にうなぎの蒲焼きを巻き込んだ「鰻巻き卵」、すごいご馳走を取り上げてみました。

このご馳走が、なんと、犬のごはんなんですよー。

ほんとですよ。

このご馳走は、「鴻池の犬」(こうのいけのいぬ)からもってまいりました。

このタイトルで、ピンときた方もいるでしょう。
大阪は船場の日本一の大金持ち、鴻池善右衛門さん宅で飼われている、「クロ」ちゃんという犬のごはんなんです。

この「クロ」ちゃんは、もとは捨て犬だったのです。
大阪、船場の池田屋さんの店の前に捨てられていた3匹の子犬のうちの一匹でした。

池田屋さんでその3兄弟は飼われることになり、 ある日、一番上の「クロ」ちゃんが、鴻池さんの番頭さんの目にとまり、もらわれて行くことのなったのです。

捨て犬から日本一の大金持ちの飼い犬に!
犬の人生にしては、なんと劇的なんでしょう。

このクロちゃん、名前の通り真っ黒な大きな体で、尾もふさふさしています。

じつはmomosanの実家で飼っていた犬も、真っ黒な犬でした。
名前は「クマ」ちゃんといいました。
大きな黒い犬なので、見ためはとても怖いのですが、クマちゃんは、じつにやさしい性格の犬でした。

わたしが、同居人のkumasanを、家にはじめて連れてきた時、家族全員で、声をそろえてこう言いました。

「なにも、犬と同じ名前の人とケッコンすることないのに…」


戻りまっか?(演題別索引に)

戻りまっか?(落語のコトバに)