男の坊さん西宮

枝雀師匠があっちの世界に行ってしまって、早一年が過ぎてしまいました。

そろそろその辺の草むらから、ひょっこり出てきはしないかと、きょろきょろしているのですが、まだ見つかりません。

だじゃれ好きの枝雀師匠のことですから、大きな声で
「女の坊さん尼ちゅうねん!」

と、呼んでみると…どこからか師匠がぬーっと出てきて、

「男の坊さん西宮」

って答えてくれるかもしれませんね。

これ、「七度狐」(しちどぎつね)からもってきました。
文章にするとあまりおもしろくないですが、清八と喜六の、ぼけながらつっこむ会話は最高におもしろいです。


戻りまっか?(演題別索引に)

戻りまっか?(落語のコトバに)