美人局みーつけた

落語のコトバが100題を達成したら、このホームページを閉じようと思っています。
しかし、まだまだ時間がかかりそうです。

今回のコトバは前回と同じく「算段の平兵衛」(さんだんのへえべえ)からです。

さて、「美人局」って読めますか?

コトバの印象はとてもきれいな響きなんですが、これがあなた、犯罪行為なんですよね。

「美人局」(つつもたせ)って読みます。パソコンもちゃんと変換してくれますよ。

どんな犯罪行為かといいますと、女性のお色気を使って手っ取り早くお金をもうける方法なんです。

まず、女性がちょっと色目を使って、適当な男の人を誘います、で、仲良くなったころ、隠れていた女性の旦那が飛び出して来て、「間男みーつけたっ!そこ動くなっ」と叫んで、男から金をまきあげる方法です。

辰っつあんという男が、奥さんのお美代さんを使って、この「美人局」をやろうと計画します。

一杯飲み屋で働いているお美代さんが、彼女を目当てに来るお客にうまいこと言って、誘い出します。
そして、いざっていう時に、辰っつあんがバーっと飛び出して来て、一言。

「美人局みーつけた!そこ動くなっ」

おいおい・・・・美人局はあんたのことでしょ・・・(^_^;)


戻りまっか?(演題別索引に)

戻りまっか?(落語のコトバに)