落語のコトバ

さて、momosanは根はまじめなんですが、ダジャレが好きです。

momosanは、上方落語を少々聞いています。

ここでは落語の筋には関係なく、momosanの気に入った上方落語のコトバを紹介しましょう。

60題を超えてしまいましたので、演題別索引も 作りました。


  1. 紺屋の青兵衛(こうやのあおべえ)
  2. ぬくい造り(ぬくいつくり)
  3. 貧すりゃ鈍する、藁打ちゃ手エ打つ
  4. わい、こんな人間やけど
  5. つまらん奴は坊主になれ
  6. つるの語源
  7. 茶漬けえんま
  8. 大津絵、都々逸、とっちりとん、祭文、ちょんがり、あほだら経
  9. それはそれは、すたん、ぶびょうでございます。まぁまぁ。
  10. おちりにあんぽんたん
  11. じゅじゅじゅのじゅっとさの、じゃじゃじゃのさっとよって・・
  12. 学生でしょ
  13. なべやーくはらいー
  14. かたつむりさんは、偉いなあ
  15. おけら、けむし、げーじ、蚊にぼうふり、せみ、かわず
  16. 姉と妹に年問うてみたら〜
  17. 陰と陽の場(緊張と緩和の法則)
  18. どたまをばーんと胴体ににえこまして、へその穴から世間のぞかしたろか
  19. 10円札を9円で仕入れて11円で売ったら儲かりまっか?
  20. 史上最強のおかみさん、「かみなりのお松」
  21. きゃーばたばた、きゃーばたばた、きゃーばたばた
  22. 離すなよ、それ離さんのが、極意じゃ
  23. こら、うろうろするなよ、はまったら生きるぞ
  24. 十万八千両の金儲け
  25. 京の茶漬け、高松の熱燗
  26. 朝、10時頃からぼちぼち仕事にかかって
  27. 早起き三両、宵寝は五両
  28. いいひとだったわねえ
  29. 土手医者、タケノコ医者、すずめ医者
  30. おまえ、いわし食てけつかるなー、この生臭坊主
  31. 蔵の内でかー・・待ちかねた
  32. 八百屋お七の色男、駒込吉祥寺小姓の吉三
  33. あの柔らかな、色つやのええ、ふっくらとした
  34. あの力、わて無駄やと思うのん
  35. しびとにカンカン踊り
  36. かわうそ
  37. あんた、しびれの切れんところがえらい
  38. 五色太夫(ごしきだゆう)
  39. どうやらまた、流されそうな
  40. 隣の嫁はん売り払ろうても、見に行かな
  41. あんにたがわず、けんふん、けんふん
  42. ばばのだんさん
  43. せいーねんーがっぴ!
  44. なんまんだぶつー!
  45. 寝るときは、湯のみに水を張ってつけておきなさい
  46. 子供のようにもうもうしてください
  47. にんさん、ばけしち
  48. あるように見えて無いのが金、無いように見えてあるのが借金
  49. す、す、す、すれたー
  50. もんぜんにいちなす、しずのおのこ、おのこやおのこ
  51. ちんちろりんのがーさがさ、ぽーりぽりのばーりばり
  52. ふんしのええめんた
  53. 見てみい、新しいやないか
  54. どう見てもあさってくらいや
  55. 割れたんと違う、数がふえたんですがな
  56. 前田さーん、なにニャアニャア言ってるの?
  57. この生でなければ次の生でも、落語をやりたい
  58. おまえ、もうちょっと落ち着きさえすりゃ、普通の人間や
  59. 鯛の浜焼き、鰻巻き卵
  60. そこを蹴られたら、笑いながら死んでしまう
  61. てんつてんてん、とてちんとてちん、ちりとてちん
  62. 詰めにくうおます
  63. おう、おめっちなーにしてんでい
  64. まんじゅう食い
  65. アーメンアラー、アーメンアラー
  66. 幽霊のラインダンス、ガイコツのストリップ
  67. 因果と達者で
  68. 二つ重ねてケンケンで上がったる
  69. かとーちめとーなってしまうぞ
  70. 佐藤蜜太郎なる男をまんじゅうにてアン殺す
  71. 男の坊さん西宮
  72. 萬事気嫌良く
  73. おん手に鬼手
  74. これでも古いかい
  75. おおー暑やの、暑やの、暑やの
  76. 体をかわした
  77. かえるもみみずもごめん
  78. 一番べべちゃ
  79. ばりぼりばり
  80. あみだがいけというたんや
  81. この、ながーいハシで
  82. それはね、人間が運んでくるのよ
  83. わたいの嫁はんは、あんたの隣にすわっている
  84. カルビはわたしがいただきました、スビバセンネ
  85. ダンバシゴのシタ
  86. タバがのぉてコーばっかり
  87. 美人局みーつけた
  88. おおあてられ
  89. おそらく、煙突をこしらえている
  90. 三日前から塩水につけおいた
  91. うなぎの語源
  92. かーさんを殺したな
  93. よろしくおたぬきいたします
  94. 川の中に勤める
  95. 似てるんやないです、そのものです
  96. 町内の生き地獄
  97. みーんな桃太郎
  98. ボケとツッコミの時間
  99. 伊勢エビが税金納めに行く
  100. 紺屋の青バイだったんです
  101. いらんわい!こんなぐるぐる回る家
  102. 鴻池の犬


HOME