カルビはわたしがいただきました、スビバセンネ

5月18日、札幌道新ホールでの「枝雀一門会」に行って来ました。

札幌はライラックの花が満開で、空気がピンと冷えていてすがすがしく、じつに良い季節です。

演目は、桂雀喜「子ほめ」、桂む雀「七段目」、桂雀三郎「G&G」、桂雀松「替り目」、桂南光「桜の宮」でした。

とくに桂雀三郎さんに生でお目にかかるのは初めてでした。
ほんとに高座でギター弾きましたよ、、、おもしろい方ですね。

雀三郎さんの爆笑ネタ「G&G」を聞かせてもらいましたが、途中でコトバを忘れるアクシデントがありました。

「うちのバンドはビジュアル系ですからね」というところのビジュアル系ってコトバが出てこなかったのです。

しばらく「あの、ほれ、あのあのあのあのあのあのあの、、、、」と口ごもってました。

すると私たちと同じく、最前列の席にいた紳士が、「ビジュアル系」って雀三郎さんにそっと教えてあげたのです。

「すんまへん、どうも普段使わんコトバなもんで」

雀三郎さんに、そっと教えてくれた紳士、いったい誰なんですかね。
よっぽど「G&G」を聞き込んでる人なんでしょうね。

ホールの入り口で、雀三郎さんのCDも販売してました。

そこには、もう5年も前にでた「ヨーデル食べ放題」のシングルCDが山積みに!

そこでmomosanもとうとう買ってしまいました。

今回のコトバは、この「ヨーデル食べ放題」という桂雀三郎さんの歌の中で、枝雀師匠が友情出演しているコトバです。
厳密には落語のコトバではありませんので、スビバセンネ。

さあーみなさん、今日もヨーデルうたって、仕事しよー


戻りまっか?(演題別索引に)

戻りまっか?(落語のコトバに)