うなぎの語源

ずいぶん前に、「つる」の語源ってのをやりましたが、今回は「うなぎ」の語源をご紹介しましょう。

桂文珍師匠のCDを買って聞いていたら、「後生鰻」(ごしょううなぎ)という話に出てきました。

「鵜」(う)という鳥を知っていますか?

あまり見たことはないのですが、パソコンで変換してると、やたらとお目にかかる(笑)鳥ですね。

momosanは先日、はじめて鵜っていう鳥を見ました。

埼玉県G市の利根川べりに、おいしいうなぎ屋があるというので連れていってもらったときに見ました。カラスよりも一回りも大きな黒い鳥です。首も長いです。こちらをじーっと見てるとこなんか、ちょっと怖かったですよ。

うなぎはその昔「ぬる」と呼ばれていたんだそうです。ぬるぬるしてるからでしょうね。

その「ぬる」を「鵜」が食べようとして、ぬるぬるしてなかなか飲み込めなくて、難儀したんだそうです(笑)

なんぎしたので、「うなぎ」

uh!


戻りまっか?(演題別索引に)

戻りまっか?(落語のコトバに)