タイトル

竹蛇

竹蛇

五十鈴川の川面から立ちのぼった川霧が 黒くそびえる杉の梢に消えていく。 冬の盛りの伊勢神宮、 冷気をしたがえた神々しさは ほかの季節にはない 厳しさを感じさせてくれる。
この全身緑の竹蛇は、 昔から伊勢神宮参詣の おみやげとして作られていたもの。 とぼけた表情が 新しい世紀の始まりを 祝っている。