HIRATA's Diarly 96.11.10












[ホームへ戻る] [11月の目次]
[Profeel]

1996.11.10(日)

10/23の本屋の2Fのフレンチレストラン、「びすとろ亭」 に引続き、幕張本郷近辺で気になっていた店の1つに行ってきました。
店の名は「キャプテン・クック」。怪しげなコンビニの2Fにあり、等身大の海賊の 人形が看板代りの店です。
付近には他に店らしい店も無く、車の通りも少なく夜はかなり寂しい場所に有るので かなり異様です(^^;)。しかも、この店は幕張本郷にしては遅くまでやっている店なので 夜中にこの前の通る時はここだけ明るくって非常に気になっていました。

探検隊のメンバーは前回と同じく私とK。
初めての店に入る時は緊張しますが、2Fに有る店だと店内の雰囲気も解らないため さらに緊張します。大手では無い独立系の怪しげなコンビニの横にある階段を登ると 「営業中」のボードが下がったドアと席待ち用の椅子2脚が置かれていました。
店の前には畳半畳ほどのボードにメニューと本日のお薦めが書かれています。
「赤唐辛子とオリーブオイルのスパゲッティー、リゾット...」
おぉ、この店はイタ飯の店だったのか。

店内はテーブルが15〜6個でまずまずの広さ。夜の8時半ごろで夕食の時間には ちょっと遅いくらいの時間でしたが店内はほとんどのテーブルが塞がって居ました。 仲々流行っているみたいです。
注文した料理は、マグロの刺身風オードブル、茄子と餅のチーズ焼き、 オニオングラタンスープ、バジリコスパゲティー、我が家風(?)海鮮リゾット。

まずはマグロのオードブル、マグロのミンチにガーリックが乗っていてオリーブオイル でひたひたにした物でした。オリーブオイルがギトギトして油っこいんじゃ無いかと 心配したのですがコレが意外にあっさりとしていて仲々いけます。ガーリックの量も 結構多いので翌日の事を考えるとちょっと心配かも...(^^;)

次に来たのはオニオングラタンスープ。ちょっと濃い目の味付けのスープに厚切りの フランスパンとチーズを焼いた物が浮いています。このフランスパンが結構ボリューム 有ったのでコレだけで軽食成りそうです。

次は茄子と餅のチーズ焼き。熱々の茄子とトロリととろけたチーズとお餅が ベストマッチ!!餅の量も結構有るのでボリュームも満点。この時点で既に腹が膨らみ 始めていました。(^^;)

そしてバジリコスパ。やや固めのメンとバジリコとの相性バッチリ。いけます。
でも、コレを食べている時点で既に満腹。これはリゾットは余計だったな...と 思っているところにリゾット登場。

このリゾットがまたボリューム満点。魚介類が沢山入っていてピリ辛で美味しい。
でも、我々は既に満腹(^^;)  参ったな〜、食べ物を残したく無いしな〜

この店は、22:00がラストオーダーで23:00閉店。ラストオーダーを取りに来る頃には Kと二人でリゾットを無理矢理詰め込んでゲップが出そうに成りながら店を出ました。
コレで二人で約\5000。一品多かったから今度はもっと減らそうっと。
初めての店だと注文する量が解らなくって困るね(^^;)


[ホームへ戻る] [11月の目次] [←遠況報告] [近況報告→]
Please send your mail
mthirata@sannet.or.jp