HIRATA's Diarly 98.07.28

北海道旅行記


[7月の目次] [近況報告目次] [ホーム]

1998.07.25〜28

え〜、ウチの会社は7/25から夏休みです。 夏休みが他の会社より早いので、お盆休みは特に無いという 実に先祖を大切にしていない会社ですな(^^;
しかし、その分何処かに遊びに行くとなると、まだかろうじて空いている時期に 行くことが出来るので便利です。 奥さんの会社は、決められた期間の中で自分の好きな時に夏休みを取れるシステムなので 今年は私に合わせて休みをとり、二人で北海道に行ってきました。 3泊4日の小旅行ですが、新婚旅行の時とはまた違う楽しいものになりました。


7/25(土)

    今回の旅行は旅行社のフリープランパックで組んだので、飛行機のチケットも団体チケット。 しかも手元に有るのは引き換え券だけで本物のチケットは当日渡しと言うシステムです。
    このシステムが曲者!旅行社自体はしっかりした所なので旅行代金だけを持ち逃げ... なんて事は心配していませんが、当日チケットを受け取るために フライト時間の1時間前に羽田に行かなくてはならないのでした..。
    いつも飛行機に乗る時は搭乗手続き締め切りギリギリの時間に行っていた私にとっては これが大いなる誤算。フライト時間は8:30 ....の1時間前の7:30に羽田に着くには 6:00前には家を出ないと間に合わない..。
    結局、5:00頃には起きだしました...。眠い。

    飛行機の中で「ピカチュウの夏休み」なんぞを見ながら函館空港に着。 今回の道内の移動はレンタカー。何故かマツダレンタカーになったので 一番安いデミオorレヴューのクラスで良いからカーナビ付きって頼んでいたはずなのだが 用意されていたのはファミリアセダン。まぁ、車格的にはこっちの方が上なんだけど デミオやレビューに乗ってみたかったなぁ〜。それに白のファミリアセダンって 駐車場で探すのが大困難。地味すぎるかも。

    最初の観光は『トラピスチヌ修道院』。ず〜っとトラピス修道院 だと思っていたが、トラピスが男で、トラピスチヌが女らしい... まぁ、些末な問題だ。宗教の修行や奉仕の名の下で作られた物はPCだろうがバター飴 だろうが私のとっては興味の対象外。さっと見てさっと終了。
    次の目的地『五稜郭』へ向かう途中で路面電車と並走。その電車はティディベアが 描かれたPinkHouse号だった!!「なにぃ!函館の街はピンハに牛耳られているのかッ!」 などと驚愕しつつも滅多に無い電車との並走を楽しむ。 その後、函館の街に出て実態を調査したがピンハに牛耳られていると印象は受けなかった。 だが、我々はその可能性を否定するものではない!

    初日の宿は函館から車で1時間弱程度の大沼温泉。 泊まったのは一応プリンスホテルなんだが、併設しているゴルフコースの客のために有るようなホテルで どうも施設がオヤジっぽい(^^;。マージャンルームまであるし...。
    でも、沼を見ながらの露天風呂はなかなか快適。まぁ、露天風呂っていうよりは『ベランダ風呂』って言った方が しっくり来るけど。


7/26(日)
    朝は曇っていたものの昼前から雨が降り出す。雨自体は霧雨みたいな感じなのだが ガスが掛って景色があまり見えない..。今日は一気に登別の『くま牧場』まで移動。 ココはかなり臭いとの話だったが、雨が降っていたせいか臭いは特に酷くない。 「にーちゃん、餌おくれ」と哀願する熊さんに餌を投げてやると上手に口でキャッチする。 たのしい(笑)。ふと気が付くと奥さんと二人で熊の餌を5袋も買ってしまい、 まんまとくま牧場の術中にはまったって感じ。

    次は同じく登別の『地獄谷』。う〜む、硫黄臭い。吹き出していたお湯も強烈に 硫黄臭かった..。この地獄谷の駐車場の利用券が、 ちょっと山奥に行った所にある『大湯沼』って所の駐車場と共通で使えるらしいのでついでに行ってみる。 すげーッ!なんて巨大な温泉だ!! ここは周囲1kmの一つの沼が丸々温泉。 どこかの大浴場なんて目じゃないほどの巨大露天風呂です。 でも、一番ぬるい水面部でも50度...下の方は130度って言うからちょっと 入るには熱いな(^^;。しかも、地獄谷よりこちらの方が何倍も臭い。スゴイです。 団体の観光客はまったく居ないし(大型バスが入ってこれないのかな?)ここはお勧め。

    その後は昭和新山を車窓から眺めて二日目の宿である洞爺湖温泉へ。
    ここでやる花火大会が楽しみだったのだ。
    ここでは夏の間は毎日花火大会が行われている。毎日やっているぐらいだから規模としては かなり小さいものの、目の前で上げてくれる花火には大興奮。 湖に浮かべた2台のボートから打ち上げるのだがこの2台が順次移動してホテルの前で 打ち上げてくれるのだ。ホテルの窓から丁度良い具合に花火が見えるので 気分は貸し切りの花火大会。実に贅沢な気分である。本当の贅沢ではなく、『贅沢な気分』って のがまた良いである。
    打ち上げかたも花火の少ない種類と数を補おうと良く考えられています。 1台の打ち上げボートのうち1台は普通に打ち上げ、もう一台は湖上を縦横無尽に 移動しながら水面で爆発(?)させています。高いところと低いところからの 立体的な花火大会は感心しました。


7/27(月)
    昨日とは打って変わって快晴の真夏日。
    今日は札幌観光。大通り公園のTV搭に登って時計台を見て、ラーメン横丁でラーメン食べる と言ったお決まりコース(^^;。まぁ、お決まりコースにはお決まりコースならではの楽しみも有るからね。 そうそう、忘れちゃいけない雪印パーラー。今回の旅行の前に数冊のガイドブックを見たのだが、 全てに載っていて最高のアイスクリーム扱いをされていたロイヤルスペシャルってアイスクリームも 食しました....乳脂肪分がムチャ高くてこってりとしてしつこいだけの様な気がするのは 私だけだろうか?個人的にはハズレ。

    そして今日の目玉は『サッポロビール園』のジンギスカン。 生ラムのジンギスカンなんて初めて食べました。 二人だと焼ける速度が食べる速度を微妙に上回るため二人とガツガツと食べまくりです。 「食べる」と言うより「食う」という表現の方がピッタリですな(^^;
    いやぁ〜、美味かった。食後にビール園の園内で食べた『黒ビールのソフトクリーム』も好評。 かすかにほろ苦くてサッパリした後味はジンギスカンの後には最高です。 ぜひ食べるべし!!

    二人ともあんまり満腹になりすぎて&生ビール飲みすぎでホテルに戻ってちょっと横になって TVでも見ながらくつろごう...と思ったら何時の間にか熟睡(^^;。


7/28(火)
    今日で旅行も終わり。昨日の快晴が嘘のようにどしゃ降り。
    でも、小樽につく頃には小降りに...。そう、今日は小樽観光です。 駅前の『三角市場』(敷地が三角だから三角市場って言うらしい)でお土産用の カニとウニを買ってからヴェネツィアガラス博物館へ。 途中でわざわざ運河の横を通りながら行ったのですが、そこで見つけたのが 『びっくりドンキー』。北海道を母体としたファミレスチェーンだから小樽にあっても 全然不思議じゃないんだけど店舗がすごい。 運河沿いに建っていた古い倉庫か何かを改造した様で雰囲気の有る建物でした。 写真を撮らなかったことが悔やまれます。 あんなに良い雰囲気の店舗でも出てくるのは通常のハンバーグディッシュや びっくりコーラなんだろうな..と思うと笑えます(^^;

    『ヴェネツィアガラス博物館』や『オルゴール堂』の辺りは観光用に整備された街並みで 生活感の様なものは全くない代わりにテーマパークに居るような楽しさがあります。 まぁ、こういう場所もそれはそれで良いのではないでしょうか。

    夕方、今度は新千歳空港へと車を走らせます。レンタカーの返却は新千歳空港近くの 『NEWS』って言う派手な建物。建物が派手な割には人気がなく静まり返って不気味な感じ。 NEWSっていったいなんの為の建物何だろう? サブターミナルとか書いてあったような気もするけど...。

    新千歳空港内で北海道最後の晩餐を済ませてから羽田へと飛び立ちました。

    機内で読んだ新聞で「クローン技術、人間への研究凍結」のニュースを見て..
    私:「クローンを人間に応用しなくってどうするんだ!」
    奥:「大丈夫、きっと何処かでマッドサイエンティストがこっそり研究続けるって」
    大分夫婦の息が合ってきている(笑)

    遅い時間の便だったので、幕張の我が家に辿り着いたのは夜の1時近くになってしまいました。 疲れたけど楽しかった。



[←遠況報告] [近況報告→]
[7月の目次] [近況報告目次] [ホーム]
Please send your mail
mthirata@sannet.or.jp