HIRATA's Diarly 98.11.01

怒涛の追い上げ


[11月の目次] [近況報告目次] [ホーム]

1998.11.01(日)

祝!ミカ・ハッキネンチャンピオン決定。

いやぁ、ハラハラドキドキのF1最終戦日本グランプリでした。
ランキング1位のミカが予選2位、ここ鈴鹿での成績次第では逆転の可能性がある ランキング2位のシューマッハが予選1位で迎えた決勝はまさに大波乱。
シューマッハが逆転するには、シュー1位・ミカ3位以下、シュー2位・ミカ7位以下 が絶対条件だって言うのに...シューがスタート直前でエンジンストール。ルールにより 最後尾スタートになりました。
これでもうミカのチャンピオンは決まったようなものなのですが、 ここからのシューとミカの頑張りがすごかった。 シューのチームメイトであるアーバインが何とか給油タイミングなどを見計らって ミカの前に出て押さえてやろうと何度も仕掛けてくるのですが見事にかわして トップを守れば、 シューの方も「ごぼう抜き」と言う言葉がピッタリ来るようなスゴイ走りで下位のチームの 車を次々かわし3位にまで上がって来ました。
ここでもし、ミカの車に何か起こってリタイアなんて事になれば シューの前に居るのはチームメイトのアーバインだけですから逆転チャンプの条件を 満たす事になります。最後尾スタートからチャンピオンだなんてスゴイじゃないですか。

しかし、残念ながらトラブルはシューの方に起こりました。タイヤのブローです。 実際にはミカの方はノントラブルで走っていたのでリタイアの可能性は低かったのですが 『もしかしたら!』と言うドキドキ感をもう少し感じていたかったです。
いやぁ、しかし見応えのあるレースでした。90年のマカオGPの時のミカ・シュー決戦の 時のような後味の悪さも無く、惜しみない拍手を贈りたいところです。


[←遠況報告] [近況報告→]
[11月の目次] [近況報告目次] [ホーム]
Please send your mail
mthirata@sannet.ne.jp