lMS-DOS バッチファイルの雛形 '96. 7.11  
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
.MS-DOS_  バッチファイル    例    未使用   コマンド 
バッチファイルの雛形です。

プログラムを起動する。

ショーカットをダブルクリックすると、エクスプローラと、インターネットエクスプローラを起動するバッチファイルの例です。
MS-DOS ウィンドウは表示しません。
ドライブ名とディレクトリ名の部分は、自分のパソコンに合わせて変更する必要があります。

  1. バッチファイルを作ります。
    SAMPLE.bat
    C:\Windows\Explorer.exe /e, D:\HTML
    C:\Program Files\Microsoft Internet\Iexplore.exe
    EXIT
    エクスプローラの起動方法をカスタマイズする方法は、Win95 のページにあります。
  2. SAMPLE.bat のショートカットを作ります。
    (Command.com のショートカットを作って、それを変更してもOKです。)
  3. ショートカットのプロパティを変更します。
    実行時の大きさ 最小化の状態 を選択します。
    プログラム終了時にウィンドウを閉じる を選択します。
ショートカットをダブルクリックして、SAMPLE.bat を起動します。
ショートカットの名前は、自由に変更できます。

バッチファイルを起動する前に、環境を整えます。

バッチファイル BB.bat を起動する前に、AA.bat で PATH を設定します。
また、DOSKEY を使えるようにし、キー入力を挿入モードに設定します。
これらのバッチファイルは、D:\HTML に作るものと仮定します

  1. バッチファイル BB.bat を作ります。
    BB.bat
    DIR /W
      ...1行でもバッチファイルです。
    BB.bat の実行が終了したら MS-DOS ウィンドウを閉じる場合は、EXIT と書き足します。
    DIR /W
    EXIT

  2. バッチファイル AA.bat を作ります。
    AA.bat
    REM パスを設定します。
    PATH C:;C:\Windows;C:\Windows\Command;D:;D:\HTML
    REM DOSKEY の使用を設定し、挿入モードにします。
    DOSKEY /INSERT
    REM メッセージを表示します。
    ECHO 使用方法は、BB と入力して下さい。

  3. BB.bat のショートカットを作ります。
    (Command.com のショートカットを作って、それを変更してもOKです。)
  4. ショートカットのプロパティを変更します。
    プログラム BB のままでOKです。
    コマンドライン C:\Windows\Command.com に変更します。
    バッチファイル D:\HTML\BB.BAT に変更します。
    プログラム終了時にウィンドウを閉じる を選択します。BB.bat に、EXIT が書かれていない場合は、この選択は無意味です。

    コマンドラインに Command.com を指定したことで、このショートカットは BB.bat ではなく、Command.com のショートカットになります。
    Windowsディレクトリから Command.com をドラッグするより簡単だから、このような方法をとっているだけです。

  5. ショートカットをダブルクリックします。
    Command.com が起動し、AA.bat を実行した後、MS-DOS ウィンドウが現れます。
  6. MS-DOS ウィンドウで、BB と入力して BB.bat を起動します。
    DIR /W が実行されて、D:\HTML のファイル一覧が表示されます。
    BB.bat に、EXIT と書かれている場合は、MS-DOS ウィンドウは直ちに閉じられます。
AA.bat で設定したパスは、このショートカット BB によって開かれた MS-DOS ウィンドウの中だけで有効です。

バッチファイルによるバックアップの例

C:\HTML のすべてのファイルをディレクトリ毎、 D:\HTML にバックアップする場合の例。

まず、バックアップについてのメッセージを表示する HZ というバッチファイルを作ります。
 HZ.bat
 @ECHO OFF                   ...余分なメッセージを表示しないようにします。
 ECHO 使用法    HOZON 96-03-12  ・・・例    メッセージを表示します。
 C:\WINDOWS\NOTEPAD D:\HTML\HOZON.TXT  バックアップ用のメモ帳を開きます。
 C:\WINDOWS\COMMAND                     新しく MS-DOS を起動します。
( 同じ行にコメントは書けません。上例は 説明のために書いています。)
バックアップ用のメモ帳は、ちょっとしたメモを書くのに使うためで、必要ではありません。
新しく起動する MS-DOS は、実際にバックアップするためのバッチファイルを起動するためです。
次に、実際にバックアップするために HOZON.bat というバッチファイルを作ります。
 HOZON.bat
 @ECHO OFF
 ECHO C:\HTML のファイルを、D:\HTML に保存(更新)します。 メッセージを表示します。
 IF %0%1==%0 GOTO HELP             日付の指定がないときは、使用方法を表示します。
 MD D:\HTML                       保存用のディレクトリを作成します。
 XCOPY /S /D:%1 C:\HTML D:\HTML\     指定日付以後のファイルをバックアップします。
 ECHO 終了                      バックアップ終了のメッセージ。
 GOTO END
 :HELP
 ECHO 何日以降のファイルを更新するか指定してください。
 ECHO .        HOZON 96-03-12 ・・・例
 :END
 ECHO 終了します[CR]。    ( 再入力は Ctrl + Break )
 PAUSE >> NULL      キー入力待ち(PAUSE)のメッセージを表示させないようにします。
 EXIT
使用方法は、HZ を起動し、メッセージに従って HOZON 96-03-12 のようにキー入力します。


T


  mtoga@sannet.ne.jp   登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html