lWindows95 ショートカットキーなど '98. 2.16
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
.Win95_ .Explorer. .ファイル. .タスクバー. .未使用_
パスワード   特別なフォルダ   特別なファイル   ショ-トカットキー   コントロ-ルキーとマウスの併用

以下の内容は、Windows ディレクトリの .txt ファイルに書かれている内容などをまとめたものです。

起動時に、パスワードを要求しないようにするには
パスワードの入力画面が表示されたら、「ユーザー名」だけ入力して、OKをクリックします。
パスワード変更画面が表示されるので、パスワードなしのまま、「OK」をクリックします。
これで次回からパスワードの入力画面は表示されなくなります。


特別なフォルダ
以下のフォルダ(ディレクトリー)は、特別な用途が割り当てられいてます。
灰色のフォルダは、ほぼ同じ機能の別なフォルダです。
Windows\Application Data\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\
[クイック起動バー]に表示されるファイル ( IE4.0 で追加されました。)
ここの内容は [スタート] の隣の [クイック起動バー] に表示されます。
[クイック起動バー] には、よく使うファイルを登録して使います。
最初は、Internet Explorer, Outlook Express, チャンネル 等が登録されています。
普通ここには、ファイル本体ではなく、ショートカットを格納します。

C:\Windows\スタートメニュー\ ( 実際には半角の文字です。)
C:\Windows\All Usersスタートメニュー\
スタートに表示されるファイル( のショートカット )
ここにショートカットを作ると、[スタート]をクリックしたときに表示されます。

Windows\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ\ ( 実際には半角の文字です。)
Windows\All Users\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ\
Windowsを起動したときに、自動的に起動するファイル( のショートカット )
ここにショートカットを作ると、Windowsの起動時に、自動的に開かれます。
All Users : パソコンを複数の人が使っている場合の、全員用??。
個人で使っている場合は、両方の内容が、起動します。

デスクトップ\
Windows\デスクトップ\
Windows\All Users\デスクトップ\
ディスクトップに表示されているアイコン。( のショートカット )

Recycled\  [ごみ箱] の内容。

Windows\Recent\  [最近使ったファイル] のショートカット。

Windows\SendTo\  マウス右クリックメニューの、[送る] の内容。
例えば、ホームページのソースファイルを編集したいときなどに便利です。
ここに nortpad.exe のショートカットを入れておくと、index.htm などを右クリックしたときの「送る」のメニューに「メモ帳」(notepad.exe)が追加されているので、index.htm などをメモ帳で開くことができます。

Windows\Temporary Internet Files\  キャッチフォルダ
インターネットエクスプローラで、オンラインで閲覧したファイルが保存されます。
他のファイルと同様に、別のフォルダ(ディレクトリ)にコピーできます
複数のサブフォルダに別れていますが、すべて同じ内容です。
[表示] メニューの、[アイコンの整列] で、フォルダ別に表示方法を指定できます。

複数のページをまとめて復元する場合に、[インターネットアドレス順] や [日時順] の表示にできるので、とても便利です。
表示した場合には、ファイル単体が表示されます。( 文章だけ、画像だけ )
※ [FILE] のページには、具体的な用例があります。

このフォルダは、index.dat という圧縮ファイルの内容を表示しています。
ここには普通のファイルは格納はできません。( 使えなくなります。)
間違えて普通のファイルを入れてしまったときは、MS-DOS を使って取り出します。

Windows\history\  インターネットエクスプローラで表示した履歴( のショートカット )。
自分のパソコンの中のページを表示したものも含まれます。
ショートカットですから、コピーしてもファイル本体はコピーできません
履歴をクリアしても、キャッチフォルダのファイルは削除されません。
表示すると、完全なページが表示されます。

Windows\Favorites\  インターネットエクスプローラの [お気に入り] のページ。
新しいフォルダやファイル( のショートカット ) を追加することができます。
ふつうは、IExplore の、[お気に入り] メニューで編集します。

cache\  旧 IExplore2.0 のキャッチフォルダ。


特別なファイル
以下のファイルには、特別な用途が割り当てられいてます。
拡張子が .ini のファイル アプリケーションプログラムの設定ファイル。
プログラムの起動方法(ウインドウの大きさなど)などを記録しているファイルです。
例えば、GIX という画像変換プログラムをインストールすると、Windowsディレクトリに tocka.ini というファイルが作られます。シェアウエアを使ってみて使用しない場合は、プログラム本体とともに Windowsディレクトリの設定ファイルも削除しないと、ファイルがどんどん増えてしまいます。GIX の場合は、ユーザー登録すると、ユーザー名.pwl というファイルも作ります。
拡張子が .dat のファイル Windows95 の設定ファイル。
Windows95 の起動方法や、Windows95付属プログラム(Microsoft Exchangeなど)の設定もここに記録されているようです。
これらのファイルが壊れると最悪の場合は Windows95 が起動できなくなります。
「しばらくお待ち下さい」が表示されている間に電源を切ってしまったり、欠陥プログラムを使用した場合などに、これらのファイルが壊れてしまうことがあります。
Windowsディレクトリにある .ini と .dat ファイルは、時々バックアップした方が安心です。
もしも Safe モードで起動してしまったら、余分なことをせずにそのまま一度終了し、起動し直します。Windows95 自身が.dat ファイルのバックアップをとっているので、修復されるはずです。( Safe モードで起動した直後の1回だけ。)
これで修復できなかった場合は、MS-DOS モードで起動し、Windows ディレクトリの .dat ファイルの読取専用属性を解除してから、バックアップしておいたファイルをコピー(上書)します。
※ ハードディスクのアクセスランプが点灯しっぱなしで消えないときは、「しばらく」待ってからパソコンのリセットスイッチを押します。

ショートカットキー
「ヘルプ」を表示するなど、特定の動作を行わせるためのキーです。
備考: Ctrl+Esc は、 
Ctrl キーを押し、Ctrl キーを押している間に Esc キーを押すという意味です。
表示     Ctrl+Esc       「スタート」メニューを表示します
          F1              その時の「ヘルプ」を表示します
         Alt+Enter       選択アイコンの「プロパティ」を表示します
 ※        Shift+          CD挿入時に、自動再生しないようにします
                          
タスク切替  Alt+Tab        タスクを順番に切替えます
           Alt+F4          現在のタスクを終了させます(ふつうは)
                          
削除     Del        文書の編集時...選択範囲を削除します
         Del        エクスプローラの操作時...そのアイコンをごみ箱に移動します
            Shift+Del  ごみ箱に入れずにファイルを直接削除します

編集	    Ctrl+X     削除 = カット (削除内容はクリップボードに保存されます)
            Ctrl+C     複写 = コピー (クリップボードに保存します)
            Ctrl+V     貼付け = ペースト (クリップボードの内容を貼り付けます)
            Ctrl+Z	 元に戻す (Ctrl+X 等の処理を取消し、元に戻します)
            Ctrl+→      カーソルを次のワード位置に移動します
            Ctrl+←         〃     前              〃 
            Ctrl+Home    カーソルを文書の先頭に移動します(ノートパッド)
            Ctrl+End         〃    文書の最後  〃 
            F3         検索

フォルダ    F2              ファイル名変更
 /ファイル  F3              検索
            BackSpace       上位へ
            F4              上位をツリーで表示(両窓のエクスプローラでは無効)
       F5              最新の情報に変更
       Ctrl+A          すべて選択

エクスプローラ のみ
           F6               カーソルを右または左に移動する
            Ctrl+G           移動(移動先ディレクトリを指定する)
            → 又は *        フォルダを開く /下位がなければ先頭フォルダへ
            ← 又は +        フォルダを閉じる/   〃   親フォルダへ

ダイアログ BOX のみ
            Tab              次の項目へ
            Shift+Tab        前の 〃
            Ctrl+Tab         次のTabへ
            Ctrl+Shift+Tab   前の 〃

ユーザー補助 のみ
            Shift 5回            固定キー使用/トグル(使用/不使用を交互切替)
            Shift(右) 8秒間      フィルタキー使用/ 〃
            NumLock 5秒間        切替キー使用/ 〃
            Alt+Shift+NunLock     マウスキー使用/ 〃
             〃  〃  +PrintScreen ハイコントラスト使用/ 〃

その他      Esc               取消し

コントロールキーとマウスの併用
主にエクスプローラでの操作に使用します。
備考: Shift+右クリック は、 
Shift キーを押し、Shift キーを押している間に 右クリック するという意味です。
Shift + 右クリック       右クリックメニューに、その時だけ「アプリケーション
                         から開く」が追加されます。

Alt + ダブルクリック	 プロパティを表示する。
CtrlL + ダブルクリック	 選択されたデスクトップアイコンを開かず、
                         方向キーで選択アイコンを移動するモードになるだけ。
Shift + ダブルクリック   フォルダの場合、エクスプローラを開く。(画面が左右に分割)
Shift + ダブルクリック   選択済アイコンの場合、バックグラウンドで起動。
                           未選択    〃                      印刷?。

Shift + クリック         選択済アイコン〜今クリックしたアイコンが、連続選択される。

Ctrl+ドラッグ            コピー
Ctrl+Shif+ドラッグ       ショートカットの作成

Shift + 再起動      完全な再起動ではなく、Windows95 だけが再起動します。


  mtoga@sannet.ne.jp   登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html