lHTML 文字 大きさ・色・字体 '98. 2. 8
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
.全般_ .文字 _配置   _リンク .フレ-ム  CGI .タグ一覧.
登録_ .音・絵. .スタイル .--. .ActiveX.  ---  .名前. _一覧
[改行・段落など]  改行  段落
文字の種類  太字・斜字・見出し文字  固定幅フォント等  上・下付き文字  取消し線・下線
[大きさ・色・字体]  FONTタグ・補助タグ  大きさ    字体  ±・BIG・SMALL  ベ-スフォント
[その他]  点滅文字  コメント  自動折返し停止区間  スペース  署名  タグのネスト
[特殊文字]  半角スペ-スと特殊文字文字  用例  IE4.0専用
[特殊フォント]  フォントの例  文字コードを使った表示

T FONTタグ・補助タグ
文字の 大きさ・色・字体 を指定するには、FONTタグを使います。

<FONT
 FACE="MS Pゴシック"
 COLOR="#00B000"
 SIZE="3"
>
 大きさなどを指定された文章 
</FONT>
主タグ ( 以下の補助タグは、必要なものだけを使います。)
字体 ( 他に、System, Hu楷書体 など。下記参照。)
色 ( [色一覧] [色コード]のページ参照。 )
大きさ 1(小)〜7(大)。 普通=3。
 
大きさを指定するとき → SIZE を組み合わせて使います。
を指定するとき → COLOR を組み合わせて使います。
字体を指定するとき → FACE を組み合わせて使います。これらは補助タグと呼ばれます。
補助タグの順番や、どれを使うかは 自由です。

※ 文字の大きさなどの具体的な値は パラメータ といいます。
 パラメータを囲む " " の記述は、省略できます。

字体(フォント)は、
文字コード表 \Windows\Charmap.exe を起動して閲覧/選択/コピー することができます。
字体(Font)は、\Windows\Fonts\ に各種入っていますので、直接ダブルクリックして閲覧できます。

T 文字の大きさ
<FONT SIZE="1">大きさ指定文字 </FONT> ...文字の大きさを最小にします。
 1=最小  3=普通  7=最大

 備考 : FONT と SIZE の間のように、 タグとタグの間にはスペースかタブを必ず書きます。
 この、タグの区切りはセパレータといいます。
 "n" の"" は、ひとつだけの値を指定する場合は必要ありません。
 "12 13" のように、スペースで区切って 複数の指定値を指定する場合は省略できません。

T 文字の色
<FONT COLOR="#rr,gg,bb">着色文字 </FONT> ...文字に着色します。
 rr  : 00〜FF までの 16進数で、赤の明るさを指定します。
 gg : 00〜FF までの 16進数で、緑 〃
 bb : 00〜FF までの 16進数で、青 〃  . . . ( [色一覧]のページ参照。)
" " # , の記述は省略できます。
( 例 )
<FONT COLOR="#FF,00,00"> </FONT>
<FONT COLOR="#0000FF"> </FONT>
<FONT COLOR=#00B000> </FONT>
<FONT COLOR=B000B0> </FONT>
<FONT COLOR=RGB(170,0,0)> </FONT>  10進数で指定
<FONT COLOR=RGB(0,70%,70%)> </FONT>  %で指定

色の名前も使用できます。
<FONT COLOR="BLUE">着色文字 </FONT> 表示例 → 着色文字
 ( [色の名前]のページ参照。)

T 字体 ( フォント )
字体(Font)を指定するには
<FONT FACE="Hu楷書体">表示例</FONT>  → 表示例
見る人のパソコンにフォントがないかもしれないときは、複数指定します。
<FONT FACE="XX書体,MS 明朝,Hu楷書体">表示例</FONT> 表示例 4.0
<FONT FACE="XX書体,MS 明朝,Hu楷書体">表示例</FONT> 表示例 N3.0
<FONT FACE="MS 明朝" FACE="Hu楷書体">表示例</FONT>  → 表示例
FACE を複数指定した場合は、先に有ったフォントが優先されます。
どのフォントもないときは、そのページを見ている人のパソコンにあるフォントで表示されます。

次のように FONT タグをネストすれば、ブラウザによる優先順位の差に 影響されません。
内側で指定したものが最も優先されます。
<FONT FACE="MS 明朝"> <FONT FACE="Hu楷書体">表示例</FONT> </FONT>
Hu楷書体が使用できれば、それで表示されます。

大きさ・色・字体を同時に指定する例
<FONT SIZE=4 COLOR=Coral FACE=Hu行書体>表示例</FONT>
表示例 . . . このように表示されます。


T 文字の大きさ(2)
 文字の大きさは次のように指定することもできます。
<FONT SIZE="±n">大きさ指定文字</FONT>
<BIG>ひとつ上のサイズの文字</BIG>
<SMALL>ひとつ下のサイズの文字</SMALL>
<BIG><BIG>A<SMALL>B<SMALL>C</SMALL>D</SMALL>E</BIG></BIG>
表示例 → ABCDE
A<FONT SIZE="+2">B<FONT SIZE="-2">C</FONT>D</FONT>E
表示例 → ABCDE  文字 C の大きさは、3+2-2=3 ではなく、3-2=1です。( 3=標準 )

T ベースフォント
 ±n で文字の大きさを指定する場合は、ベースフォントを指定しておくことができます。
<BASEFONT SIZE="n">属性指定範囲</BASEFONT>

ベースフォントを基準にして、<FONT SIZE=±n>で文字の大きさを指定できます。
ベースフォントの指定範囲の中でも、<FONT SIZE=n>によって、ベースフォントと無関係に文字の大きさを指定できます。

ベースフォントは色の指定もできます。
<BASEFONT COLOR="#rrggbb" SIZE="n" >属性指定範囲</BASEFONT>

<FONT SIZE=±n>の例を示します。
00
<BASEFONT COLOR="#FF0000" SIZE="5">±0 
<FONT COLOR="#008000" SIZE="-3">-3 </FONT>
<FONT COLOR="#00A000" SIZE="-2">-2 </FONT>
<FONT COLOR="#00C000" SIZE="+0">+0 </FONT>
<FONT COLOR="#00E000" SIZE="+1">+1 </FONT>
<FONT COLOR="#00FF00" SIZE="+2">+2 </FONT>
±0
<FONT COLOR="#0000FF" SIZE="5">F5 </FONT>
±0
</BASEFONT>
00
00 ±0  -3  -2  +0  +1  +2 ±0  F5  ±0 00

 スペースについて
 全角のスペースはそのまま表示されます。  ソースファイルの、文字と文字の間に書いた半角のスペースは、1個だけ表示されます。

 ソースファイルの行の最後が、スペースやコンマなどを除いた半角の文字で終わり、 次の行の先頭も半角文字の場合には、単語と単語の間であると判断されて、スペースが付加されます。

 スペースキーを押したときに、全角のスペースにするか半角のスペースにするかは、かな漢字変換ソフトの「環境設定」で選択します。


T → 続き


  mtoga@sannet.ne.jp  登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html