lHTML  IExplore専用タグの用例 '96.12. 6
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
.全般_ .文字 _配置   _リンク .フレ-ム  CGI .タグ一覧.
登録_ .音・画. .スタイル .--. .ActiveX.  ---  .名前. _一覧
  使用できるタグ   基本的用例   目的別       IExplore専用  
外側余白の色   表示位置をまとめて指定   囲み線 ( 使用例     着色位置の指定   グループ分け )

T 外側余白の色 ( -- これ以下は、IExplore のみ -- )
表の外側の余白の色を指定します。
<TABLE BGCOLOR="#GREEN" BORDER="10" BORDERCOLOR="WHITE">
<TR><TD BGCOLOR=
AQUA>余白白</TR></TABLE>

<TABLE BGCOLOR="#GREEN" BORDER="10" BORDERCOLOR="WHITE"
BORDERCOLORLIGHT="
YELLOW">
<TR><TD BGCOLOR=
AQUA>白・左上黄</TR></TABLE>

<TABLE BGCOLOR="#GREEN" BORDER="10" BORDERCOLOR="WHITE"
BORDERCOLORLIGHT="
YELLOW"
FRAME="
VSIDES">
<TR><TD BGCOLOR=
AQUA>白・左右黄</TR></TABLE>

<TABLE BGCOLOR="#GREEN" BORDER="10">
<TR><TD BGCOLOR=
AQUA>無指定</TR></TABLE>

余白白
 
白・左上黄
 
白・左右黄
 
無指定
余白白・左右黄色では、左側の囲み線が白で表示されています。

縁取り幅を指定する場合
<TABLE BGCOLOR="#GREEN" BORDER="10" BORDERCOLOR="WHITE"
CELLSPACING="
5">
<TR><TD BGCOLOR=
AQUA>縁取り幅5</TR></TABLE>
縁取り幅5

IExplore では、縁取りが緑色(GREEN)で表示されています。
Netscape では、縁取りの色は 背景と同じです。


T 項目内容の表示位置をまとめて指定
<TABLE WIDTH="200" BORDER>
<TR>  1行目 無指定。
<TD>a</TD><TD>b</TD><TD>c</TD><TD>d</TD>
</TR>
<COLGROUP ALIGN=LEFT>      1列目 左寄せ。
<COLGROUP SPAN=2 ALIGN=CENTER>  2,3列目 中央寄せ。
<COLGROUP ALIGN=RIGHT>      4列目 右寄せ。
<TR>
<TD>A</TD><TD>B</TD><TD>C</TD><TD>D</TD>
</TR>
<TR>
<TD>A</TD><TD>B</TD><TD>C</TD><TD>D</TD>
</TR>
</TABLE>
abcd
ABCD
ABCD
COLGROUPを指定するとそれ以降は、見出し用項目を除いて、COLGROUPで指定された位置に表示されます。


T 囲み線

囲み線の使用例
囲み線の色(=余白の色)を指定しない場合。
<TABLE BORDER BGCOLOR="AquaMarine"
RULES=COLS
BORDERCOLORLIGHT=WHITE
BORDERCOLORDARK=BLUE
FRAME=HSIDES
>
<TR><TD>A<TD>C<TD>E</TD></TR>
<TR><TD>B<TD>D<TD>F</TD></TR>
</TABLE>

   NONE(全体) ROWS(横) COLS(縦) GROUPS(組) ALL(個々) 

AC BORDER=0
BD の場合。

  
AC無指定
BD(=ALL)

  
AC縦方向
BD(COLS)

  
AC横方向
BD(ROWS)


T 囲み線の色(=余白の色)を指定する場合
ACBORDERCOLOR
BD =BLUE

ACBORDERCOLORLIGHT=WHITE
BDBORDERCOLORDARK=BLUE

ACBORDER=10
BD の場合。

AC<TR>タグに区切り線の色を指定
BDBORDERCOLOR=RED

AC<TD>タグに区切り線の色を指定
BDBORDERCOLOR=RED


T 表示位置を指定する場合 (FRAME=HSIDES : 上下のみ。)
  
ACE
BDF
  
ACE
BDF

  
ACE
BDF


T 囲み線でグループ分けする
<THEAD> <TBODY> <TFOOT> を使います。
</THEAD> </TBODY> </TFOOT> はオプションだそうです。(省略可。)
上記の、RULES=GROUPS の囲み線を指定してある場合に、指定されたグループが囲まれます。
行の途中をグループの先頭に指定した場合は、その項目は次の行の先頭に送られ、あいた部分には空の項目が作られます。

項目をグループ分けする。
<TABLE BGCOLOR="BEIGE" BORDER BORDERCOLOR=PERU>
<TR>
<TD>A1<TD>A2<TD>A3<TD>A4<TD>A5</TR>
<TR BORDERCOLOR="RED">
<TD>B1<TD>B2<TBODY><TD><TBODY>B3<TD>B4<TD>B5</TR>
<TBODY>
<TR>
<TD>C1<TD>C2<TD>C3<TD>C4<TD>C5</TR>
</TABLE>
                    THEAD TBODY TFOOT
A1A2A3A4 グーループ分けしない場合。
B1B2B3B4B5
C1C2C3C4C5
A1A2A3A4 3行目先頭にTBODYを書き
B1B2B3B4 RULES=GROUPSで
C1C2C3C4 区切り線の指定をしたとき。
以下は、正しい使い方ではないかもしれません。
A1A2A3A4 B3の前にTBODを書いたとき。
B1B2
B3B4B5
C1C2C3C4 RULES は指定していません。
<TD>の前に<TBODY>を書くとB3以降がまとめられ、<TD>の後に書くとB3だけが選ばれるようです。
<TBODY>を使わなくても、空の項目(<TD>だけ)をかけば同じような表を作ることができます。

T

  mtoga@sannet.ne.jp   登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html