lHTML FTP FTPソフト '96.12.25
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
.全般_ .文字 _配置   _リンク .フレ-ム  CGI .タグ一覧.
登録_ .音・画. .スタイル .--. .ActiveX.  ---  .名前. _一覧
  準備   具体例   登録   ダウンロード   コマンド   FTPソフト   未使用  

マウス操作だけでファイルを登録したりダウンロードすることができるフリーソフトの紹介です。

WS_FTP は、John Junod 氏の作品です。
(Windows95用の バージョン4.0 は、シェアウエアです。) 
Winftp は、WS_FTP をベースにした、Santanu Lahiri 氏の作品です。
雑誌の付録や、インターネットなどから入手できます。

フリーソフト版の、使用期限などの詳細は 分かりません。
以下は、試しに使用させていただいた結果です。( 実際には使っていません。)
 BK=Big-BK_K.gif img=Big-DIAL.jpg
使用の前に
これらの転送用ソフトは、ファイル名を全て小文字に変換して送ります。
また、拡張子も3文字になります。

したがって、大文字のファイル名のリンクは無効になります。
ABC.html → abc~1.htm と登録されますので、
<A HREF="ABC.html">ABC</A> は無効になります。

対策
ファイル名を全て小文字にし、拡張子は3文字の .htm にします。
index.html のようにやむをえないものは、登録してから rename で改名します。
rename での改名は、大文字と小文字がそのまま転送されます。

WS_FTP
http://www.commerce.or.jp/free/index-j.html から入手できます。('96.12. 1 現在。)
Windows 用のソフトの中から、WS_FTP(Win16) をさがして、クリックします。
(Windows3.1用ですが、Windows95でも動作するようです。) 
ws_ftp.exe がダウンロードされます。(ヘルプファイルは含まれていません。)
セットアップの方法と、使用方法は次のとおりです。
  1. 必要に応じて、ws_ftp.exe を、適当な場所に移動します。
  2. ws_ftp.exe をダブルクリックします。
    → 使用条件などが表示されます。
    Accept を選択(クリック)します。
    → ws_ftp.exe が起動し、SessionProfile のウィンドウが現われます。
  3. 接続条件を設定します。
    sannet と tohoku を設定する場合の例。

    1.SANNET (これは私がホームページを登録しているサーバーです。)
     Profile Name : SANNET
     Host Name : ftp.sannet.ne.jp
     Host Type : Automaticdetect (そのままでOK。サーバーの OS の指定です。)
     User ID : mtoga (自分の POP ユーザー名 = アカウント名 です。)
     Password : ***** (POP パスワード。表示されません。)
     SavePassword : チェック(レ)します。(パスワードを保存するとき。)
     Auto Save Config : チェック(レ)します。(ディレクトリの状態を保存するとき。)
    SAVE をクリックして、以上の設定を保存します。

    2.東北大学の FTP サーバー (ここからはフリーソフトなどをダウンロードします。)
     New をクリックします。
     Profile Name : TOHOKU
     Host Name : ftp.tohoku.ac.jp
     Host Type : Automaticdetect (そのままでOK)
     Anonymous Login : チェック(レ)します。
     必要ならば、User ID と Password も設定しますが、ここではそのままにします。
    SAVE をクリックして、以上の設定を保存します。
    Cancel をクリックし、SessionProfil を閉じます。
    この状態で OKをクリックすると、動作が異常になります。

  4. WS_FTP のウィンドウで、Options をクリックします。
     → Options のウィンドウが現われます。
     Program Options をクリックします。
     E-MailAddress を入力し、Save(保存)をクリックします。
    これはアノニマス FTP サーバーに接続する場合のパスワードになります。この設定により、毎回パスワードを入力する必要がなくなります。
    以上で、接続に必要な設定は完了しました

  5. Connect(接続)をクリックして、さっきの SessionProfile ウィンドウを表示します。 接続先を選択します。(上記の例では、SANNET または、TOHOKU)
  6. ダイアルアップアダプタダイアルアップネットワークを起動し、所属しているサーバーに接続します。
  7. SessionProfil のOKをクリックします。
    必ずダイアルアップネットワークを起動してから、OKをクリックします。
  8. ディレクトリとファイルを指定して、ダウンロードまたはアップロードを行います。
    FS_FTP ウィンドウについて。
    ウィンドウは左右に分かれており、中央の区切り位置は左右に移動できます。
    左側 : 自分のパソコンの内容。
    右側 : 接続先コンピュータの内容。

    さらにそれぞれ、(上) 中 下 の部分に別れています。
    上 : 現在選択されている(ドライブと)ディレクトリ。
    中 : 選択できるディレクトリ。およびドライブ。
       1行目の .. は、上位のディレクトリを表わします。
      (例えば、現在のディレクトリが D:\HTML なら、.. は D:\ を表わしています。)
    下 : 現在選択されているディレクトリにあるファイル。

    ディレクトリを移動するには。
    移動したいディレクトリ名の部分をダブルクリックします。
    または、クリックしてから ChgDir ボタンをクリックします。

    新しいディレクトリを作成するには。
    現在のディレクトリに、新しいディレクトリを作るには、MkDir をクリックします。

    ディレクトリまたはファイルを削除するには。
    削除したいディレクトリまたはファイルを選択して、Delete ボタンをクリックします。
    (英数半角文字以外の名前は、削除できないようです。)
    ディレクトリを削除するときは、あらかじめ中のファイルを全部削除しておきます。
    ファイルは、複数のファイルを同時に削除できます。

    ダウンロードするには。
    保存したいディレクトリを選択します。(反転表示されます。)
    ダウンロードしたいファイルを選択して反転表示し、<--ボタンをクリックします。

    アップロード(登録)するには。
    ディレクトリとファイルを指定してから、-->ボタンをクリックします。

  9. Exit ボタンをクリックして、接続を終了します。
  10. ダイアルアップネットワークの切断をクリックして、回線を切断します。


  操作の順番を間違えた場合などについて。
これは次の Winftp などでも同様です。

ダイアルアップネットワークを起動しないで通信操作を行うなど、作者の意図した以外の操作を行うと、動作が異常になる場合があります。
場合によっては、ソフトを終了させても動いている場合があります。( 現在実行中のプログラムは、Ctrl+Alt+Del で、タスクバーには表示されていないものも表示できます。)
そのばあいは、Ctrl+Alt+Del で強制終了させずに、パソコンを再起動した方が良いようです。

Winftp
http://www.sannet.ne.jp/userpage/syoshie/index.html
ホームページ登録への道のページから直接ダウンロードできます。
画像付で適切な解説も掲載されています。

以下は追加的な説明です。
winftp.zip を適当なディレクトリに格納してダブルクリックすると WinZip が起動します。
(Windows95 には WinZip が付属しています。)
I Agree をクリックし、Extract(抽出), Extract, の順にクリックして復元します

前記の WS_FTP とほぼ同じですが、次の点が異なります。
  1. プログラムを起動すると、自動的にダイアルアップネットワークが起動します。
    ここでキャンセルをクリックすると、winftp が数分後に起動するので要注意です。
  2. \Windows ディレクトリに、設定ファイル Winftp.ini を作ります。
    Winftp.ini をあらかじめ \Windows ディレクトリにコピーして、自分で編集することもできます。
  3. ヘルプファイル(英語)が付属しています。
Winftp.ini を自分で編集しない場合は、自分の所属プロバイダに回線を接続した状態で設定を行う必要があります。
設定の項目は、前記の WS_FTP と全く同じです。

Config : 設定の名前。(自分のわかりやすい名前を付けます。)
Host : 自分が契約しているサーバー名
UserID : pop ユーザー名。(アカウント名)
Passwd : POP パスワード。
TimeOut : 終了後の、切断までの時間。(秒)
HostType : 接続先コンピュータの OS 。(省略時 : 自動検知)
Script : スクリプトファイル名。未完成。使用不可。
Account : 未完成。使用不可。
Save Password : Passwd(パスワード)を保存する。
Save Directories : 終了時に、ディレクトリの状態を保存する。
Anonymous Login : アノニマス FTP サ-バ-に接続する場合の設定を行う。
DelCfg : 選択されている設定を削除する。
SaveCfg : 現在の設定(新たに作った設定)を保存する。
Cancel : 設定用のダイアログウィンドウを閉じる。
Connect : FTP サーバーに接続します。(接続用ウィンドウを開く)
OK : 実際に接続します。

T

  mtoga@sannet.ne.jp   登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html