lC言語 用法 '98.11. 6   /'98. 5.24
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
.C言語_ 3 フォ-マットコ-ド 6 演算子 9 FOR  集合デ-タ  目的別
1 表示してみる 4 変数と定数 7 条件判断 10 WHIILE  ポインタ     
2 エスケ-プ コ-ド 5 デ-タ入力 8 分岐   未使用  関数   ★ 
 用法  文章のコピー  参考ページ 
 (サンプル)...   乱数  ダンプ  その他( 基本  応用 ) 

↓クリックするとページ先頭を表示します。
以下のページの使用方法
以下のページには、C言語を使うために不必要な内容も含まれています。

次の内容だけを先に理解するのが、最も効率的だと思います。
C++ や MFC に進む場合にも、次の内容は必要だと思います。
ページ 
表示してみる
エスケ-プコ-ド
フォ-マットコ-ド
変数と定数
データ入力
演算子
条件判断
FOR
WHILE
集合データ
必要な内容 
#include main() printf()
\n \r \0 \t \d000 \x000
%d %ld %5.3d %05.3d %X %0X %c %s %g %Lg
char short long float  0123 123. 123L int[10] * &
gets() getch()
+ - * / == != < > <= >= ! && ||
if() { } else{ }
for(){ }
while() { break; }
struct type{ int x; } name; ->
MFC では、フォ-マットコ-ドは必要ありませんが、C言語を理解するために重要です。
表示形式を気にしないデータの処理などは、C言語で簡単にプログラムできます。

[目的別]のページに付いて、
関数を、使用目的別に分類してあります。
個々の関数の詳細ページは 掲載してありませんので、
マニュアルを参考に 自分で作ってみましょう。

T

  mtoga@sannet.ne.jp   登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html