.JAVA 特徴など '99. 2.28
l.お知らせ 内容 LINK FILE   HTML Win PC Unix MS-DOS C C++ Mfc Java 
目次のページ.JAVA    インストール    アプレット    アプリ・・  
  特徴   変数   対C言語  
参考(アプリケーション・アプレット・スクリプト)   

T 参考 : Javaの特徴
Javaは、C や C++ などと同じ プログラム言語の一つです。
プログラムを作るときは普通、プログラム言語を使って書きます。

[予備知識]  コンパイラ・インタープリタ・アプリケーション
 
プログラム言語で書かれたソースプログラムは、実行プログラムに変換します。
この変換を行うには、それぞれの言語専用のコンパイラを使います。
( C言語なら Cコンパイラ、JAVA言語なら JAVAコンパイラ を使います。)

コンパイラとインタープリタ
コンパイラは大抵、ソースプログラムを実行プログラムに変換してしまいます。
従って実行プログラムが完成すれば、ソースプログラムは必要なくなります。

ところで、MS-DOS のバッチプログラムは、実行中に 必要な部分だけがコンパイルされます。
実行中のキーの押し方などによって、不必要な部分はコンパイルされません。
このようなコンパイラは、特に インタープリタ と呼ばれます。
この場合には、定まった実行プログラムはありませんから、ソースファイルを残しておく必要があります。

インタープリタ用のプログラム(ソースプログラム) は、人間が読むことができるので、スクリプトプログラムと呼ばれます。

アプリケーション
普通のプログラムは アプリケーションプログラム と呼ばれます。
アプリケーションは、OSプログラム(Windowsなど) を利用して動作します。
OSは種類によって構造が異なるので、Windows用のアプリケーションは普通、他のOSでは使用できません。

[Java]
アプリケーションを動作させるには、Javaインタープリタをインストールしておく必要があります。

インタープリタは コンパイルしながらプログラムを実行するので、動作が遅くなります。
その為Javaでは、あらかじめソースファイルを途中までコンパイルしておきます。
Javaコンパイラは、途中までコンパイルします。
Javaインタープリタは、途中までコンパイルされたプログラムを実行します。
このときインタープリタは、OSに合わせたコンパイルをしながら、プログラムを実行します。
( 完全なコンパイラでも、完全なインタープリタでもない、半分ずつの機能。)  

プログラムの作成〜実行 の概要
1.ソースプログラムを作ります。  ( *.java ...ソース )
演算子(+−など) やループ処理などの、基本的な書式は、他の言語 特にC言語とほぼ同じです。
Windows のノートパッドなどを使って書くことができます。

2.実行可能プログラムを作ります。  ( *.class ...アプリケーション )
ソースプログラムを、javac.exe で変換(コンパイル) して作ります。
このアプリケーションプログラムは、単独では実行できません。
実行プログラムになる 一歩手前のプログラムです。

JAVA のプログラムは、どのパソコンでも使用できる特徴があります。
プログラムを完成させてしまうと、別なパソコンでは使用できなくなってしまいます。

パソコンの種類(OSの種類) によって、ファイル名の付け方の規則が違います。
そのため JAVA アプリケーションでは、内部にもう一つの名前を保存します。
アプリケーションを実行するときには 内部の名前(見えません) が使われます。
コンパイラ : ソースファイルを実行可能ファイルに変換するプログラム。
   JAVA 以外のコンパイラでは普通、実行ファイルに変換してしまいます。
アプリケーション : Windows95 などのOSを利用して動作するプログラム。
   表示などの動作を、OSに 手伝ってもらいながら行います。

3.実行します。
実行可能プログラムを、java.exe というプログラムを使って実行します。
java.exe は、パソコンの型別に用意されているので、そのパソコンの型に合わせて実行してくれます。
パソコンに java.exe がなければ、JAVA のプログラムは使用できません。

java.exe では ソースプログラムを直接実行しませんが、実行するときにコンパイルすると、時間がかかってしまうからです。
IE4.0 や Netscape4.0 などのブラウザは、JAVA と同様な機能を含んでいます。
インタープリタ : 元になるプログラムを翻訳しながら実行するプログラム。
スクリプト言語 : ソースプログラムを そのままインタープリタに与えられるような言語。
−−−−−− : JAVA は、実行可能プログラムをインタープリタに与えるので、スクリプト言語ではありません。
JAVAアプリケ-ション : JAVAインタープリタを利用して動作するプログラム。

アプレットの概要
アプレットは、WWWブラウザ用のアプリケーションです。
IE4.0 や Netscape4.0 があれば実行する(動作させる) ことができます。

T

  mtoga@sannet.ne.jp   登録日 '96. 6.15
URL : http://www.page.sannet.ne.jp/mtoga/index.html