ページを移動しました。新しい東京芸術センターのページはこちらです


計画コンセプト

 官民のパートナーシップによる、足立区・千住地域のにぎわい・新産業・情報発信・交流の拠点となる。

計画概要

○対象地 足立区千住1丁目50番地1他

○敷地面積 3,947.57m2

○施設内容 イベント・展示ホール、会議室

        創業支援施設、SOHO、オフィス

        スタジオ、生活利便施設、商業等

○階数    地上22階、地下1階、塔屋1階

○延床面積 26,544.29m2

○駐車場   83台




周辺環境

 北千住駅は、都内でも有数のターミナル駅で都心へのアクセスにも恵まれている。敷地は、その北千住駅から徒歩8分、千住大橋駅からは徒歩9分であり、交通機関に囲まれた便利な土地といえます。




施設構成

地下1階  プール

1階     エントランスホール、商業・店舗

2・3階    スタジオ

4・5階    生活利便施設

6〜11階  オフィス、区創業支援施設

12〜19階  SOHO(共同住宅)

20階     会議室

21・22階   ホール







エントランス

 施設の顔となるエントランス空間であり、展示・イベントなど、多目的な用途に対応しています。




生活利便施設

 施設利用者、来訪者、地域住民などの生活を豊かにする利便施設。

プール

 ジャグジーを備えた25×8mプールです。内装に鏡を用い、幻想的で落ち着きのある空間を演出します。




SOHO

 入居者の自由な発想で室のレイアウトをできるよう水まわりをコンパクトにまとめ、余裕のあるスペースを提案します。Aタイプ47.56m2、Bタイプ64.04m2、Cタイプ84.02m2の3タイプの住戸構成です。




ホール

 最上階にある天空のホール。入射する光量を調節することにより、あらゆる演出が可能です。また、ロールバックチェアを収納するとフルフラットの多目的ホールとなり、多様な用途に対応できます。




オフィス

 施設内他用途との相互連携により、雇用創出と交流が生まれる、未来型情報産業の基地となりうるオフィス空間です。