上町

←山田河内 |↑上久堅  |↓伊那和田 | →光岳

国土地理院 北西 北東 地形図表示
南西 南東


#1437 △1273.8 四等 祭平

1273祭平

撮影日 2013年9月12日

高原ロッジと食事処のある下栗の里の駐車場から、「平」のつく点名の三角点三つを巡ることにする。

しらびそ峠に続くエコーラインを標高1220あたりまで歩き、そこから山に入る。1283標高点から西に少し尾根を行くと開けた場所に三角点があった。

(「炭焼平」(#1438、下欄)に続く)

#1437/#1437〜1439


#1438 △1554.1 三等 炭焼平(炭焼山)

1554炭焼平

撮影日 2013年9月12日

(「祭平」(#1437、上欄)の続き)

「祭平」から再びエコーラインを登って行く。

炭焼山南尾根の1480のコルから山に入るつもりだったが、踏み跡や目印等がないので、さらに上に行く。山頂の北西までいくと薄い踏み跡があり、そこを辿って三角点に至った。

山頂は「平」といえるほど広くもないし、見晴しもよくない地味な場所だった。

今度は南尾根を下り、コルのところで車道に出たが、やはり山道といえるものはなかった。

(「根平」(#1439、下欄)に続く)

#1438/#1437〜1439


#1439 △1144.6 三等 根平

1144根平

撮影日 2013年9月12日

(「炭焼平」(#1438、上欄)の続き)

炭焼山から下栗の里の駐車場に引き返す。登りは忠実に車道を歩いたが、下りでは蛇行している箇所は近道して山林を横切った。

高原ロッジの西側に行くと、案内板があり、これから行く山には遊歩道があることを知る。案内板には三角点は載ってないが、東通りのコースで近くに行けそうだ。

結局、遊歩道は三角点までは通じてなかったし、歩道の整備も悪くて薮っぽい箇所もある。三角点のある場所は「平」の名に相応しい所だった。

#1439/#1437〜1439


#1158 △1234.9 三等 入山

1234.9入山

撮影日 2010年11月2日

(「黒薙」(光岳#1157)の続き)

黒薙からは1561標高点の先の尾根の分岐、標高1400前後の広い尾根などルートを外しやすい。ただ、目印のテープは所々にある。

朝の6時すぎに光小屋を出、だいぶ日暮れに近付いていて、おまけに先行した二人に追い付かず気が急いてきた。場所によっては小走りに駆け降りる。本点のある辺はなだらかな尾根の森林で薄暗い。GPSを取り出して、急いで標石を探す。登山道から南側に外れたところにあった。

再び、小走りに下り、やっと先行の二人に追い付く。なんとか明るいうちに登山口に降りた。易老渡に置いた車まで戻り、帰途についた。

#1158/#1153〜1158