植物油に脂肪を減らす効果(朝日新聞 99年1月10日付)(99.6.3)

食用油の成分の一つであるジアシルグリセロールを普通の油のかわりに食べると、脂肪を減らす効果のあることが花王の研究で分かりました。健康な男性19人を二つのグループに分け、一方にトリアシルグリセロール、他方にジアシルグリセロールを主成分とした油を使った食事を与え、内臓脂肪の量を調べました。すると、ジアシルグリセロールのグループの方がより内臓脂肪を減らせたということでした。同社はこれを主成分とした食用油を開発しており、厚生省の「特定保健用食品」の認可を受けたそうです。ただし、この研究では対象人数が少ないということと、どれくらいの比率でジアシルグリセロールを摂ればよいのか、ジアシルグリセロールを摂りすぎることで健康上の問題はないのか、などの問題が残されているのではないでしょうか?

 
[ 「最近の記事」へもどる ]