国民生活センターの改善要望受け「センナ茎茶」販売中止も(朝日新聞 99年3月20日付)(99.6.3)

ダイエット効果をうたって健康食品として売られている「センナ茎茶」の多くに、医薬品としてしか使用できないセンナの葉が含まれていることが国民生活センターの調べで分かり、一部で販売が中止されています。センナの葉にはセンノシドが含まれ、これは下剤として医療機関で使用されていますが、妊婦には禁忌となっています。センナの茎にはセンノシドが含まれいていないので、健康食品と売られていたようです。しかし、「センナ茎茶」を飲んだ人の中にセンノシドの副作用のような症状が出た人がいることから、国民生活センターが調べたところ、茶類26銘柄のうち18銘柄に葉を検出しました。改善要望を受けた会社の中には資生堂などの大手の化粧品会社も含まれ、健康食品の広がりを感じさせます。

 
[ 「最近の記事」へもどる ]