中国製「やせる健康食」甲状腺障害の症状(朝日新聞2000年12月23日)(00.12.28)

中国製の「やせる健康食」のなかに、甲状腺粉末が含まれているものがあり、個人輸入して服用していた人に甲状腺機能障害が現れたとのことです。このため、厚生省は、都道府県に対し、店頭販売がないか点検するよう指導したとのことです。甲状腺粉末には甲状腺ホルモンが含まれており、これを服用した場合には甲状腺機能亢進症になる可能性があります。動悸や手のふるえ、長期にわたると心房細動などの不整脈がみられます。甲状腺ホルモンは代謝を促進するために、確かにやせる可能性はあります。しかし、筋肉や骨も衰えるので、むしろ健康を害する可能性の方が大きいと思います。最近は、個人輸入や輸入代行などで、海外の健康食品が簡単に手にはいるようになりましたが、危険なものも多いようです。個人的には中国製のものに問題が多くみられると思っています。

 

[ 「最近の記事」へもどる ]