新データはサメ軟骨の抗癌作用を否定 (Medical Tribune 1997年8月21日)

(97.11.9)

サメの軟骨は、抗癌作用があると歌われて海外でも健康食品として販売されています。一部の研究者は、サメが癌にかからないことから、この理由を軟骨に含まれる物質が免疫力を強化しているためと考え、これが抗癌作用を示すのだと説明しています。果たして本当に抗癌効果があるのだろうか?米国の癌治療研究財団が癌患者を対象に大規模研究を行いました。進行癌患者に大量のサメの軟骨の粉末をジュースなどにとかして摂取させ、抗癌作用があるかどうか研究しました。しかし、抗癌作用は確認できなかったと、第33回米国臨床腫瘍学会で報告されました。  

 

[ 「最近の記事」へもどる ]