個人輸入した未承認の糖尿病薬で死亡(朝日新聞98年9月26日付)

中国から個人輸入した糖尿病の薬を個人輸入し、それを服用した70代の男性が死亡しました。この男性は、食餌療法や運動療法で治療されていたということから、糖尿病は比較的軽症であったと思われます。彼は新聞で、静岡市の会社が発行している糖尿病治療体験記の広告を見かけて、本を購入、この薬を飲んで糖尿病が治ったという体験談を読み、薬を個人輸入、服用しました。その結果、薬により低血糖を来たし、昏睡状態となり、10ヶ月後に死亡したということです。

実は、薬は「純天然薬」と表記されていたものの、調べてみるとグリベンクラミドという薬剤が1カプセルあたり0.88 mg含まれていたそうです。これは医師が糖尿病治療に使用する西洋薬であり、漢方薬のたぐいとは全く異なります。0.88 mgであっても十分血糖が低下する可能性があります。我々は、通常1日あたり1.25 mgより投与しますが、食餌療法や運動療法にて糖尿病が改善しない患者さんが対象です。しかも、薬に添付されている説明書には、1日3回1回4カプセルと記載されていたそうですから、一日あたり0.88 x 4 x 3 = 10.56 mgとなりますから、ほぼこの薬の極量となります。低血糖性昏睡になるのに十分な量であり、きわめて危険です。

このように、個人輸入で手に入る薬の中には大変危険なものも含まれています。天然薬、漢方薬とうたいながら、医療用医薬品の成分が含まれていたり(ダイエット薬として売られていたものにセンナが含まれていたこともありました。)、不純物が含まれていたりすることがあります(漢方血糖降下薬に鉛が混入しており、これにより鉛中毒を起こした例も報告されています。)

原則として、薬は個人輸入しない、もし必要な場合は医師に相談する必要があります。

 
[ 「最近の記事」へもどる ]