インチキ医師のリンパ球療法(朝日新聞98年10月15日付、その他朝日新聞、毎日新聞、読売新聞のインターネットサイトより)

 東京都内の診療所で、医師の資格のない職員らが大学生から採血し、この血液から抽出したリンパ球液をがん患者などに投与していたとして、診療所「竜岡門クリニック」を医師法違反容疑(無免許医業)で摘発し、クリニックを経営する医療研究会社「シービーエス(CBS)研究所」社長と看護婦や事務員らが逮捕されました。入手した血液はC型肝炎などの検査を十分していなかったとみられ、2次感染や免疫疾患のおそれも心配されています。

同研究所は同診療所を開設し、若い人の血液からリンパ球を分離した輸液を投与すれば免疫力が高まるとして、末期がん患者らを治療しており、研究所の社長自らが著書で「がんに有効」などとPRしていました。クリニックでは、都内の学生らのべ100人以上から血液を採取し、抽出したリンパ球をパック詰めにし、末期がん患者ら来院者に投与していたほか、希望者には販売もしていたといいます。全国の複数の病院でも患者に投与されていたとみられ、投与された患者数は約500人にのぼるといわれています。また、逮捕された「シービーエス(CBS)研究所」社長が、患者の希望でリンパ球を取り寄せた医師に、「副作用は一切ない」と説明する文書を配布していたことが、十五日明らかになりました。

この事件は、「医師の資格のないものが癌患者を治療した」というだけでなく、多くの問題を含んだ事件であると思います。私の考えた問題点を上げてみましょう。
 
[ 「最近の記事」へもどる ]