俗説くつがえすビールダイエット!?アルコールだけでは太らない(週間朝日99年6月4日号)(99.8.14)

この記事は、ビールでダイエットに成功した体験談の紹介より始まります。しかし、結局「お酒は飲み過ぎないように」というありきたりの結論に達します。滋賀医科大学の上島教授らの疫学調査にて、お酒を飲む人と飲まない人では肥満の程度に差がないという意外な結果がでたということから考えると、この研究結果を受けてこの記事は生まれたのではないかと私は思います。確かに、この記事の中で紹介されたとおり、アルコールは額面通りのカロリーとしては体に蓄積されないようです。この記事が成り立つ根底には「カロリーが実際より少ないからダイエットにいい?」という、しばしばみられる短絡的な発想がありそうです。この記事の題名よりその雰囲気を察することができます。当然、食事のかわりにビールを飲んでよいはずはありません。ビールでダイエットなど、栄養バランスを崩したり(ビタミンB1などが不足するでしょう。)、アルコール性肝障害になるのが関の山でしょう。かえって、食前にアルコールを摂取すると、その日の1日のカロリー摂取量が有意に増加するというデータもあるくらいです。

 
[ 「最近の記事」へもどる ]