輸入の吸入系ドラッグ14品目、都が販売停止など指示(産経新聞98年8月)

米国などから輸入されている「吸入系合法ドラッグ」の一部に、亜硝酸エステル類など医薬品にしか使用が認められていない物質が含まれていることが、東京都の検査で分かりました。

「RUSH」、「BOLT」など吸入系合法ドラッグ14品目から亜硝酸エステル類が検出されたということです。これには血圧降下作用があり、インポテンツの薬である「バイアグラ」と併用した場合、急激な血圧低下を来す可能性があります。

 
[ 「最近の記事」へもどる ]