ブルーバックス「食べ物情報ウソ・ホント」

高橋久仁子著 講談社刊 ¥900

 

 

この本は、専門家が書いたきっちりした本、という印象を与えます。栄養学の基本をきっちり抑えた上で、巷にあふれる食べ物の情報を正確に検証しています。栄養と関連して、健康食品を考えたい人にはお勧めです。あるいは栄養について関心を持っている方、医療関係の人にとっても十分参考になります。はずかしながら私はこの本で初めてフードファディズムという言葉を知りました。また、「・・・は体にいい!」という見出しが乱立する健康雑誌の新聞広告をたびたび目にしますが、著者はその目次を調べ上げ、その統計が載っています。以下に、繰り返し同じ様な食品を特集しているかが分かります。非常におもしろいデータです。参考のために目次をあげます。 序章 食べると言うこと
序1 食べて健康になるとはどういうことか
序2 食べ物信仰の落とし穴-フードファディズムとは
第1章 けなされる食品
1-1 砂糖って体に毒なの?
1-2 炭酸飲料は体に悪い?
1-3 化学調味料には害がある?
1-4 避難される超高温殺菌乳
1-5 ファーストフードは体に悪い?
1-6 インスタントラーメンは?
第2章 ほめられる食品
2-1 ”天然酵母”って何?
2-2 ”有精卵”は体にいい?
2-3 オリーブ油は?
2-4 ”有機食品”って体にいいもの?
2-5 ”天然塩”は体にいい?
第3章 いわゆる”健康食品”
3-1 「クロレラ」は万能薬?
3-2 核酸を食べると若返る?
3-3 キチン、キトサンはどんな効果が?
3-4 レシチンは体にいい?
3-5 市販”プロテイン”は筋肉づくりに有効?
3-6 ビタミン剤・ビタミン含有食品を使う意味は?
3-7 カルシウム剤・カルシウム含有食品は?
3-8 ”酵素”を食べる意味はある?
3-9 健康食品としてのアロエ
3-10 イチョウ葉エキスって何?
3-11 プロポリスは?
第4章 ”効く”のでしょうか?
4-1 ”飲むコラーゲン”の効用
4-2 やせるお茶はある?
4-3 ”ダイエット食品”の効果は?
4-4 牛乳の安眠効果
4-5 いわゆる健康雑誌の”体にいい食べ物”を考える
4-6 健康志向食品とのつきあい方
第5章 不安情報を調べてみると
5-1 食品添加物はどうしても必要なの?
5-2 農薬や化学肥料は?
5-3 水道水は安全?
5-4 重曹は体に悪い?
5-5 カイワレ大根は本当に危険?
第6章 食生活のおさえどころ-健康維持と食事の関係
6-1 何をどれくらい食べればよいか-理論編
6-2 何をどうやって食べるか-実践編
6-3 食生活を見直したいと思ったら
終章 食べものを食べものとして

 
[ 「お薦めの本」へもどる ]