「野戦の指揮官中坊公平」

NHK「住専」プロジェクト NHK出版社刊 ¥1600

 

 

中坊公平氏は私の尊敬する人の一人です。この本は彼の今までの足跡をたどったものですが、このほかにもいくつか彼を取り上げた本が出ています。どうも皆内容は似たり寄ったりのようです。彼に親近感を持てる理由は、その風貌だけではなく、「森永砒素ミルク事件」を担当するまではごく普通の(弁護士の能力としては超一級ではありますが)、自分の利潤を追求する一般と変わらない人であったことです。ところが、この「森永砒素ミルク事件」を担当して以来、がらりとその仕事ぶりは変わります。このあたりの変容は感動的です。彼は、「自分のしたことは最終的には歴史が決める。」といいます。その時々の権力、世論、欲望から超然とし、常に正しいと信じる方向に突き進む姿は、私利私欲に走る政治家や官僚、権力に屈してしまったマスコミなどとは全く異なるものです。私は是非彼の生き方を見習いたいと思いっています。(といいながら、かなわないのが現実ですが。)

 

[ 「お薦めの本」へもどる ]