バイアグラについての基礎知識(98.8.4)

 

バイアグラはファイザー社が開発した、男性のインポテンツ(性機能障害)に対する飲み薬です。飲むだけで効果があり、しかも有効率が70%ということで、この薬が欧米で販売されたとたん、あっという間にその噂が広がりました。もと米国大統領候補であったドール氏がその治験に加わり、その有効性を公言して以来、更に有名になりました。日本の週刊誌はこぞってこの話題を取り上げ、個人輸入は可能(合法)であること、インタ−ネットを使えば日本に居ながらにして手に入れられることなどを報道しました。しかし、本来この薬は他の薬剤と同様、医師の処方が必要なものであり、新薬である以上どのような副作用が出るかは十分調査されていません。案の定、欧米では30人以上の死者を出し、つい最近、日本でも死者が出ました。マスコミは当初その安全性を指摘し、大々的に取り上げことも、このような不幸な事態をまねいた原因であると思います。確かに治験段階では重大な副作用が出ていませんでしたが、それだけでは安全性が確立していると言うことにはなりません。つい最近も、FDAで認可された肥満の治療薬であるフェントラミン-フェンフルラミン(商品名リダックスなど)は、当初安全と考えられたにもかかわらず、その後30%の人に心臓の弁膜異常が現れるとして販売中止になりました。日本でも、ある糖尿病薬は治験段階では安全であるとされたものの、市販後に死者が出ました。
バイアグラはあくまで医薬品であり、その使用上の注意をしっかり守ることが必要です。ここに、バイアグラの正確な情報を得られるサイトを示しましたので、服用の際は是非参考にして下さい。また、副作用情報に関して私なりに解説しましたので、こちらも参考にして下さい。

バイアグラの正確な情報(英語)
バイアグラの副作用、こんな人は飲んではいけない(私の解説)

 

[ 「メインページ」へもどる ]