肥満症の基礎知識

 

ここでは、巷のダイエット広告に惑わされないように、いくつかの原則を解説します。できるだけ、科学的に証明された部分だけを取り上げ、その根拠となる参考文献も載せていきたいと思います。もし、ここにかかれていることと、あなたが考えている健康法やダイエット食品の広告の文句が矛盾するようならば、もう一度考え直したほうが良いと思います。

肥満とは

肥満とは体のなかで脂肪の占める割合(体脂肪率)が高い状態をいいます。成人男性なら体重の15〜20%が脂肪であり、25%以上なら肥満、成人女性なら体脂肪率は20%〜25%が正常で、30%以上なら肥満です。

しかし、簡単には体脂肪率は測定できませんので、簡便に身長と体重から計算する方法としてBMI(bodymassindex)があります。これは、体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったものです。身長170cmで体重が65kgであれば、BMIは65÷(1.7)^2≒22.5となります。統計的にBMIが22.2であるときに最も死亡率が低くなるということで、日本肥満学会ではBMIが22となるような体重を標準体重にしています。つまり、先ほどの身長170cmの人の場合には、22×(1.7)^2=63.58kgが標準体重となります。日本肥満学会ではBMIが25以上を肥満としました。また、肥満に伴い何らかの疾病を有する場合を肥満症としています。

しかし、これはあくまでも目安であり、人によってはBMIが25以下であっても体脂肪率が高い場合もあります。これをある研究者は「隠れ肥満」と呼んで、体脂肪量を減らしたほうが良いといっています。(この場合は、食事カロリーを減らすのではなくて、運動がすすめられます。)

治療の必要な肥満症と美容上の肥満

肥満は糖尿病を初めとして多くの成人病を引き起こす一つの原因として注目されていますが、私はここで肥満を二つに分けたいと思います。それは、病気としての肥満と美容上の肥満です。多くの民間療法やダイエット食品、エステなどではこれらが混同されています。

医学的に治療が必要とされる肥満は、成人病の原因となっているような肥満、特に内臓周囲に脂肪が蓄積する型の肥満です。内蔵脂肪の蓄積の指標でウエストサイズ(通常はへその位置の腹囲)を測り、男性で85 cm以上、女性で90 cm以上ある場合を内蔵脂肪型肥満としています。もちろん、皮下に脂肪が蓄積する場合でも糖尿病を悪化させたり、あるいは膝の関節痛を悪くさせる場合もありますので、この場合は治療の対象となります。これに対して、肥満が軽度で主として美容上の問題である場合、皮下脂肪蓄積が主であまり成人病と関連性がない場合などは、医師はあまり積極的には治療しようと考えません。

特に若い女性の場合、医学的に治療の必要がない肥満であっても、必要以上に痩せたいと思っている方が多いようです。このような方がダイエット食品やエステのターゲットとなりますが、美容整形外科医以外の医師はこのような美容上の肥満にはあまり興味を示しませんので、かえって非科学的なダイエットや健康食品、エステが氾濫するのです。

「摂取エネルギー<消費エネルギー」の時のみ痩せることができる。

これは非常にあたりまえのことですが、多くのダイエット食品や、健康法の宣伝を見ますとこの原理に反したものが多く見られます。

「ダイエットしなくても痩せられる」とか「寝ている間に痩せる」とかの宣伝文句があったら真っ先に疑うべきです。「××ダイエット」とかいって、特定の食品を推奨したダイエット方法にしても同様です。結局特定の食品をとっていても、摂取するカロリーが消費するカロリーより少なくなければ痩せることができません。かえって、特定の食品ばかりとりながら摂取カロリーも減らしてしまうことで、栄養バランスをくずしてしまうことになりかねません。十数年前にアメリカである種のプロテインダイエットがはやり、極端なダイエットと不良プロテインのために何人もの死者が出たこともあるそうです。

痩せるための三大原則は、1. 一日の食事量を消費カロリーより減らす。2. 栄養のバランスをとる。3. 適度な運動をすることにより、骨や筋肉などの脂肪以外のものを減らさないこと。です。

部分的にやせることは不可能である。

しばしば、健康器具やエステなどで足やウエストだけ痩せられるかのような宣伝が見受けられます。痩せたい部分に器具を当てたり、もんだりたたいたりして痩せるのだ、というわけです。

人間の体の中で脂肪組織というのは、エネルギーを蓄えておくところです。人間が活動するときにまず使われるエネルギー源は炭水化物です。これは主として肝臓にグリコーゲンという形で蓄えられていますが、これはすぐ枯渇してしまいます。その後に脂肪がエネルギー源として使われるわけですが、使われる脂肪にも順番があるようです。つまり、内臓周囲の脂肪がまずエネルギーとして使われ、最後に皮下脂肪が使われるのです。このように、どこの脂肪が真っ先に分解されるかはすでに決まっていて、それと関係ない部位の脂肪など、もんでもたたいてもどうにもなりません。もんだりたたいたりして変化するのは血液やリンパ液の流れであり、もしそれで痩せたように見えた場合はその部位の水分が移動した(むくみがとれた)だけなのです。

美容整形では、脂肪吸引という方法でおなかの皮下脂肪を取り除く手術が行われています。しかし、この治療法は必ずしも安全とはいえず、腕の未熟な医師による手術のため死亡例も報告されています。

ウエイトサイクリング

一度はダイエットに成功して痩せられた場合でも、時間がたつにつれ、またもとの肥満の状態に戻ってしまう人が多いようです。そしてまたダイエットに挑戦して、痩せてほっとしているうちに、また太ってきてしまう。こういったことを繰り返すことを「ウエイトサイクリング」といい、最近肥満の研究者の中でも注目されています。

というのは、こういった体重の増減を繰り返すことによって、それまでのように体重が減りにくくなったり、脂肪のつき方が変わってしまって体型が変化してしまったり、病気のリスクが高まってしまうのではないかと考えられるようになったからです。特に自己流のダイエットを繰り返しているような人は注意が必要です。無理なダイエットは、脂肪ばかりではなく、脂肪以外の組織、筋肉や骨など重要な組織までも痩せ衰えさせている可能性があります。その後また太った場合、余分なカロリーは脂肪組織に蓄えられることになりますから、かえって以前より体脂肪率が増加してしまいます。しかも、一度ダイエットをしますと、それに体が適応して、少ないカロリーでも生活できるように基礎代謝率が低下してしまいますから、以前より簡単に太ってしまう可能性もあります。

実は、痩せることより、痩せた状態を保つことが大変なのです。短期的に痩せたいという場合、多少なりとも無理がききます。しかし、一時的には痩せても、以前の太るような生活習慣は変わっていませんから、無理なダイエットの反動でどか食いしたり、もとの生活に戻ればまた太ってきてしまいます。要は、「太るような生活習慣を改めること」にあります。太る原因をその生活習慣の中に見つけ、それを徐々に改善することにより徐々に体重を減らす、このことが痩せた状態を維持するこつです。

運動は思いの外カロリーを消費しない。

糖尿病の患者さんを診ていますと、「昨日は少し余分に食事をしてしまいましたから、散歩を30分延長しました。」という方がいらっしゃいます。余分にとったカロリーを運動で消費してしまおうというわけです。一見、理にかなっているようにみえます。しかし、ご飯一杯分を散歩など軽い運動で消費しようと思えば、体重によってもちがいますが、1時間も散歩しなければなりません。軽いジョギングでも20分ぐらいはする必要があります。人間の体は思いのほか、効率良くできているのです。60kgの人が体重を1kg減らすためには、約7000kcal消費しなければなりませんから、軽いジョギングに換算すると、14時間する必要があります。ダイエットの際の運動の目的は、脂肪以外の組織を衰えさせないこと、脂肪を効率良く利用できるようにすることなのです。


参考文献
日本肥満学会 「肥満症 診断・治療・指導のてびき」 医歯薬出版株式会社
メディカル朝日 7月号 1995年
診断と治療 6月号 1996年

 

 [ 「病気についての基礎知識」へもどる ]