Dr.George A. BrayとDr.David A.York

お二人とも肥満の研究では世界的に有名な方です。 特にDr.Brayは北米肥満学会長を何度かされており(2回か、3回だったかと思います)、1970年代1980年代の肥満研究をリードしてきました。ルイジアナ州立大学にペニントン・バイオメディカル・リサーチ・センターができてからは、そこのセンター長に就任されました。

 

[ 「おないのプロフィール」へもどる ]