健康食品と医薬品との相互作用

私が、いろいろな文献をあたったところ、健康食品と医薬品とは次のような相互作用あるとが考えられます。病気で治療中の方は、以下の表を参考に健康食品を選んで下さい。

健康食品 医薬品 相互作用の内容
ビタミンA テトラサイクリン(抗生物質) 薬による頭痛が強められる可能性があります。(これは頭蓋内の圧が高まることによります。)
ワルファリン(血栓予防薬) ワルファリンの作用を増強させる可能性があります。
ビタミンB6 L-ドーパ(パーキンソン病の薬) L-ドーパの作用が弱くなります。
葉酸 フェニトイン(けいれんやてんかんにつかう薬) フェニトイン濃度が低下することで、薬の効き目が弱くなります。
ビタミンC ジエチルスティルベストール、エストロゲン(女性ホルモン) 血中エストロゲン濃度の上昇するので、薬の作用が強く出ます。
ビタミンD ジゴキシン(心不全や不整脈に使う薬) ジゴキシンの副作用が強く出る可能性があります。
ビタミンK ワルファリン(血栓予防薬) ワルファリンの効果が弱くなります。
抗酸化物質(ビタミンE、ビタミンC、βカロチン、セレニウム) シンバスタチン+ナイアシン(高脂血症治療薬) 薬の作用を弱めてしまうという報告があります。
カモミール、Chamomile ワルファリン(血栓予防薬) 薬と相互作用を示す可能性があります。
エキナシア、Echinacea 蛋白同化ステロイドやアミオダロン(不整脈の薬)、メソトレキセート(免疫抑制剤、慢性関節リウマチなどに使う)、ケトコナゾール(真菌治療薬)など 肝障害を起こす可能性があります。
フィーバーフュー、Feverfew ワルファリンを始めとした血栓予防薬 薬の作用が強く出てしまう可能性があります。
ニンニク、Garlic ワルファリンを始めとした血栓予防薬 薬の作用が強く出てしまう可能性があります。(ただし、通常の食事でとる程度ならば心配ないと思います。)
ショウガ、Ginger ワルファリンを始めとした血栓予防薬 薬の作用が強く出てしまう可能性があります。(ただし、通常の食事でとる程度ならば心配ないと思います。)
イチョウ、Ginkgo ワルファリン、アスピリン、その他の解熱鎮痛薬など 出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなったりします。(量が少なければ心配ないと思います。)
けいれんやてんかんの薬 薬の作用が弱くなる可能性があります。
サイアザイド系利尿剤(高血圧の薬) 血圧が上昇したという報告があります。
チョウセンニンジン、Ginseng ワルファリン、アスピリン、その他の解熱鎮痛薬など 出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなったりします。
副腎皮質ホルモン(膠原病やぜんそくなどに使うステロイドホルモン) 薬の作用が強まる可能性があります。
ノコギリパルメット、Saw Palmetto 前立腺肥大治療薬、女性ホルモン、経口避妊薬 薬の作用が強まる可能性があります。
セント・ジョンズ・ワート、St.John's wort ピロキシカム(鎮痛薬)、テトラサイクリン(抗生物質) 光過敏症が起こる可能性があります。
モノアミンオキシダーゼ阻害薬(抗うつ薬のひとつ) 薬の作用が強まる可能性があります。
選択的セロトニン受容体拮抗薬(SSRI、抗うつ薬のひとつ) 薬の副作用が強く出る可能性があります。
エイズの薬、ワルファリン、免疫抑制薬(シクロスポリンなど)、経口避妊薬、強心薬(ジゴキシンなど)、気管支拡張薬(テオフィリンなど)、抗てんかん薬(フェニトインなど)、抗不整脈薬(ジソピラミドなど) 薬の作用が弱くなります。
バレリアン、Valerian バルビタール系薬剤(けいれんや睡眠薬のひとつ) 睡眠を延長させます。
カバ、Kava 睡眠薬、精神安定薬、向精神薬 薬の副作用が強く出る可能性があります。
クロレラ ワルファリン(血栓予防薬) ワルファリンの効果が弱くなります。
サイリウム、Psyllium リチウム(躁病の薬) 薬の作用が弱くなる可能性があります。
青汁 ワルファリン(血栓予防薬) ワルファリンの効果が弱くなります。
「血圧が高めの方の特定保健用食品」(ラクトトリペプチド、かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド) ACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害薬(高血圧の薬のひとつ) 薬の作用が強められたり、弱められたりする可能性があります。
「血糖が気になる方の特定保健用食品」(難消化性デキストリン、グァバ葉ポリフェノール、小麦アルブミン、L−アラビノース) SU剤(スルフォニルウレア剤)、インスリン分泌促進剤、インスリン(これらはすべて糖尿病の薬) 薬の作用が強く出る可能性がある。

 

 この情報は以下の論文に発表済みですので、医療関係者の方、興味のある方は以下の論文をご参照下さい。
 小内 亨、塚田弥生、代替医療の日本特有の問題点、治療;84(1):31-37, 2002

 なお、この表は以下の論文を参照して作成しました。
 Miller, L.G: Herbal Medicinals. Arch.Intern.Med., 158:2200-2211, 1998
 Fugh-Berman A: Herb-Drug interactions. Lancet, 355:134-38, 2000
 「飲食物・嗜好品と医薬品の相互作用」研究班編:飲食物・嗜好品と医薬品の相互作用.じほう,東京,1998 
 江本晶子、大谷壽一、澤田康文:降圧作用のある健康食品.薬局,52:1113-1120,2001
  [ 「ホームページ」へもどる ]