自分に効いたといって知人に勧める。



これも、良くあるパターンです。ただ自分の病気に効果があったからといって、たとえ同じ病気であっても、必ずしも他の人に効果的であるとはいえません。この「効いた」原因はプラシーボ効果である場合もあります。勧められたのが一般の食品なら害は少ないですが、体にあわないようなものや、高額な費用がかかる場合は問題です。善意で勧めたといっても、その人が責任をとってくれるわけではありません。皆さんも、ある治療法や健康食品が効果的だったからと、他の人に勧めようと思ったときはよく考えて下さい。

関連したことで、われわれがしばしば困ることですが、医師が必要だとして処方した薬について、「それは副作用が問題だ。」とか、「飲み始めたらやめられない。」とか、善意の助言をしてしまう人がいます。そのような助言をされる人が医師や、薬剤師ではない場合、そのままうのみにしないで、医師や薬剤師に相談して下さい。

[ 「宣伝方法」へもどる ]