「らせん」という言葉は、遺伝子であるDNAの二重らせんからとったのではないかと思います。その後、でてくるD.S.A.と似ています。つまり、生物学が得意でなかった人達に、らせん、DNA、D.S.A.をダブらせることにより、「なんだかすごいもの」というイメージを植え付けようとしたのではないでしょうか?あとででてきますが、D.S.A.をダブル・スパイラル・アクトと当てはめていますが、ちょっと苦しい気がします。私だったら、ダブル・ストランド・アクティビティーなどとしますが、どうでしょう?


むずかしい言葉を使ったり難解な成分名を挙げて、いかにも効果があるかの様に宣伝する。