バイオというのは、生物というような意味があります。したがって、無機質な金属から出るエネルギーがバイオエネルギーでは変ですね。最近は、「バイオ」という言葉がさかんにマスコミで使われており、それにあやかったものでしょう。そして、「れつけつというツボ」を持ち出して、「東洋医学」もどきの雰囲気を付け加えています。作者は生物学、医学には素人でも、結構マスコミには敏感なようです。しかも、「女性の手首回り」という表現にみられるとおり、ターゲットとしているのは明らかに女性です。裏の体験談もすべて女性によるものでした。