「原子粗粒学」とは滅茶苦茶な造語です。「原子物理学」、「素粒子」、「量子力学」をご茶混ぜにしたものでしょう。あるいは、作者は本当にこのような学問があると信じているかもしれません。それにしても、「生命体の原理」を解明するということであれば、「生物学」や「分子生物学」とでもしておけばよかったのに。


むずかしい言葉を使ったり難解な成分名を挙げて、いかにも効果があるかの様に宣伝する。