データの確認をしましょう。



最近は、健康食品や健康法などの広告にデータや、どこそこの大学で研究しているなどという記事を載せているものが見受けられます。そういう場合は、より好都合です。その会社に問い合わせて、その研究資料やデータを取り寄せればよいのです。本当に、研究されているならば研究結果が論文になって専門の雑誌に掲載されているはずです。論文になっているだけではなく、ちゃんとした学術雑誌に掲載されてることが必要です。なぜなら、論文だけならいくらでもデータをねつ造できます。できれば、雑誌の種類を良く調べてください。なかには、その会社で宣伝用に雑誌をだしている様なケースも考えられますから。通常、学術雑誌では論文審査があり、いい加減な論文は掲載されません。ですから、論文全部でなくても、研究論文がどの雑誌に掲載されているかのリストだけでも手に入ればよいのです。論文になっていず、データだけ、あるいは研究中、某大学教授が興味を示している、などというのは信用してはいけません。おそらく、いい加減なところは、電話で資料請求をしても、たらい回しにされるか、資料を送るといいながらいつまでたっても送ってこないと思います。

 

[ 「情報源の検証」へもどる ]