マスコミ報道も必ずしも正しいとは限らない。

この場合、いくつかのパターンが考えられます。

1)専門家の発言が放送用に編集されてしまう場合。

マスコミの場合、正確な情報提供がその使命でありますが、えてして、視聴者にインパクトを与えるため、大げさに伝える傾向があります。一般的に、専門家が発言するときは、誤解がないように言葉を慎重に選び、はっきりしていないことは敢えてあいまいな言葉を使ったり、さらには、良いことばかりではなく、問題点も上げることが多いのです。しかし、マスコミは、そんなことにおかまいなく、あいまいなところはカットし、彼等の考えにより、都合の良いように編集してしまうことがあります。(その極端な場合が、いわゆる「やらせ」です。)


2)芸能人が自分の健康法と称して、何の根拠もない治療法や健康法について語る。

時として、医師や専門家のアドバイスに基づいて、健康管理をされている方もいますが、中にはまったくの自己流を自信満々にしゃべっている人を見かけます。中には、オリジナルのダイエット法として本など出している人もいます。(全部がいいかげんであるとは言いませんが)

 

[ 「情報源の検証」へもどる ]