”天然、自然”は安全?

 

しばしば、健康食品の宣伝の中で用いられる言葉に「天然(あるいは自然)のものだから安全です(あるいは危険性はありません)。」というものがあります。
化学的に合成された医薬品=危険、副作用
自然、天然のもの=安全、安心
という図式を想定しているようです。これにより、ことさら医薬品の危険性を誇張し、皆さんの不安感をあおり、自らの商品を購入させようという魂胆です。よく考えてみて下さい。自然、天然のものでも、毒性の高いもの、危険なものはいくらでもあります。以前、殺人に用いられたトリカブトも毒物ですし、ふぐ毒も人を死に至らしめます。逆に、多くの医薬品が副作用もなしに、病気を改善させていることは周知の事実です。少し考えてみれば、この図式が明らかに間違っていることが分かります。要は、合成されたものであれ、自然のものであれ、個々の物質が安全であるかどうかをそれぞれ見極めればよいことなのです。つまり、このような誤った前提を問題とすること自体が、その商品の「インチキ性」を示していると言えます。

 

[ 「用語集」へもどる ]