大津市逢坂の紹介


「第二回 車石(くるまいし)」

車石の画像
(上蝉丸神社に復元された車石)



  鉄道が引かれるまで琵琶湖は、北海、北陸からの海産物や米等を京都へ運ぶ重要な水運でした。 それら多くの物資は、大津港から馬車、牛車により逢坂山、九条山を越えて京都へ運ばれて行きました。 しかしながら逢坂山は、湧き水で絶えずぬかるみ運搬には大変苦労した難所でした。 そこで、文化2年(1805)京都の心学者脇坂義堂が、大津から京都の三条にかけての 約3里(12キロ)に轍を刻んだ花崗岩を2列に並べて敷き、馬車、牛車を通りやすくしました。 それが車石と呼ばれています。
  道は、歩道と車道に分けられていて、 歩道は車道よりも高くしてあり、事故の無い様、 また、車の通行の邪魔にならない様に配慮してあったようです。また、車石は単線の為、 午前は京都行き、午後は大津行きと、時間による一方通行になっていました。
  現在車石は取り除かれ、大津歴史博物館や、大谷町の上蝉丸神社等に一部復元されていたり、 逢坂山周辺の家の庭に転がっていたりします。私の所にも2つあります!
(片原町自治会館横掲示板を参考にしました。)


上蝉丸神社の車石は、京阪京津線大谷駅下車、大津方面へ徒歩すぐ。

〜 バックナンバー紹介 〜
「第一回 逢坂の関」(平成12年10月5日)は こちら をご覧下さい。

表紙へ