陶片の魅力



 彫刻にはトルソというものがありますが、全てを表現していない為か、見る人の様々な情感を刺激してくれます。伊万里もいいものが解るにつれて逆に縁遠くなってしまいました。そんな時、骨董市でふと目にしたのがこの陶片です。欠片でも美しいと思いました。

 桃に花唐草(?)が描かれ、裏の高台には渦福の銘が書かれてます。いつしかここに藍柿か鍋島が載ることを夢見ています・・・
伊万里・陶片

 織部の奔放な絵付けや大胆な釉掛けには、非常に惹かれるものがあります。智内兄助氏やJ・ポロックの絵画作品にも、絵の具のたたらし込みが見られます(日本画のそれとは違いますが)。わたしもフォ−カスグリ−ンで絵の仕上げの段階で、緑色の絵の具をキャンバスに垂らすことがよくあります。時に波であったり風であったり...。

 この感化の源流を辿ると、それは織部の緑釉の魅力に繋がっていきます。抽象と具象の取り合わせを考え出した桃山、或いは江戸期の人達のデザイン感覚の斬新さには驚かされてしまいます。いつかそんな織部を欲しいと思っていたましたが、いい物はなかなか手に入りません。完品が無理なら陶片でもと思って手にいれたのが、今回の陶片です。絵付けの繊細さ、若草色とでも呼びたい釉薬の色合いは、手元にある別の安物織部や私の先入観の中にある織部とは違ったものです。

 でもどこかに源氏物語絵巻を思い起こさせる色合いと、線描きされた秋草?の繊細さは、時代とか贋作とかの詮索を無意味にします。その素性がどうであれ、気に入ったものは他人がどう云おうと、「今の」私にとっては「いいもの」といて伝わってきます。
織部陶片

 「絵志野皿(2重笹文皿)の陶片」ということで手に入れたものです。時代は桃山時代とはなっていましたが、さてどうしたものでしょう?判れば拘るのでしょうが、分からないので拘りのようがありませんネ。ただ志野の乳白色の釉薬は昔から大変好きで、しばらく新物の湯飲みを使っていたことがあります。

 志野の口当たりの柔らかくて温かみのある雰囲気は何ともいえないものです。これはオークションで安く落札したものでですが、「・・・陶片展」のパンフレットが、その包み紙に混じっていました。それを見ながら欠けた部分を想像で補う楽しみも、完品にはない楽しみのひとつだと、あらためて思いました。
志野陶片

 オ−クションで手に入れたものですが、「時代は江戸初期。大きさ11.5×10×5.5(高さ)cmいずれも最大。とてもあがりの良い志野織部小皿です。輪とち、円錐とちを併用した重ね焼き焼成方法が堪能できます」と紹介してありました。

 鉄絵の軽やかな筆さばきが魅力的です。表面の三つの目跡でも判りますが、紹介の如く裏面を見ればご覧の通り、三枚のお皿がくっついたままの状態です。定かな時代は解かりませんし、勿論製品としては失敗作なのですが、物の魅力とは不思議なものです。
志野織部小皿の陶片


 私は現在陶片を主に収集しておりますが、安いからということも大きな理由なのですが、欠片自体のなんとも言えない魅力に魅かれていることも事実です。そして落札した時は出品者の方に落札品のコメントを頂いております。 

 これは「前の持ち主(骨董屋の主人)によると西安寺という寺のそばから30年ほど前に発掘された物だそうです。時代は江戸初期〜中期でそのほとんどが鉄釉の印判という摺り絵の茶陶がほとんどだったそうです。見た目は瀬戸の御深井に似ています。水指の蓋です」というご指南を受けましたが、暫くたってから「清安寺の物原、時代は江戸初期の俗に言う御深井だそうで土岐市美濃陶磁歴史館に展示されているそうです」との訂正がはいりました。どちらにしても物覚えの悪い人なので、カタツムリの取っ手よろしく、ゆっくり勉強かな〜と思っております。


 美濃陶片 


 以前、馴染みの骨董屋さんに「焼き物は唐津に行き着くよ」と言われていたが、この頃深い意味は別としても、なんかその意味が解かってきた様な気がします。まぁ現在の私は未だ、織部や志野、そしてここにあげた李朝の三島手などに魅かれてはいますが・・・

 伊万里も青磁も白磁も判らないのに何とも無責任な発言ですが、磁器のある種の完璧さに比較すると、陶器にははなはだ不確定な要素が多いと感じます。焼き上がってみないと分からないのは磁器も陶器も一緒でしょうが、土物の陶器の方がその傾向は強いのではないでしょうか?

 確かに伊万里等の磁器には巧みな絵付けが多いし、その魅力にいまだ惹かれているのは確かです。しかし陶器の焼き物には、何かに限定されないというか、想定出来ない美しさがあるような気がしてならないのです。それはなんだろう?とぼんやり考えていたら、ある時それは今自分が描いている絵のマチエ−ルに繋がっていく事に気付きました。マチエ−ルとは、絵画用語で所謂「絵肌」のことです。素人の浅知恵ですから磁器にも奥深い地肌があるよ、と言われたら何も反論は出来ません...。磁器には何故か鏡のような面を持った、古典派の絵画を彷彿とさせます。反面、陶器にはこれから自分が向かおうとしている絵画の世界が見えるのです。

 物の良さは限定はできないし、そんな意味の無いことをするつもりもないのですが、最近陶器の欠片に拘っているのは、マチエ−ルを求めるという無意識的な理由だったのかもしれません。長い前置きになってしまったが、これも下の「粉青沙器印花文 陶片」を手に入れた骨董屋さんで手にいれたもの。高台の残るものはこれしかなく、状態も最高に思えた。店主に随分食い下がったが、まけてはくれなかった。


高麗・三島 陶片

 粉青沙器とは李朝初期の「粉粧灰青沙器」の略称とのこと。鼠色の陶土に白土を化粧掛けして、その上に透明釉をかけたものです。我国ではその技法によって三島、刷毛目、鶏龍山とも呼ばれているようです。印花文とは柔らかいうちの胎土に、判子のように花の文様を型押ししたものです。型押しで柔らかくなった陰影と、そこに溜まった白化粧の釉薬に、何ともいえない味わいがあります。
李朝・粉青沙器印花文 陶片

 黄瀬戸は織部や志野よりも古い歴史をもつという。青磁を作ろうとして偶然に出来たという説もありますが、こういうことはいくらでもあることですね。偶然を意図的に引き出せれば、これは必然ということです。

 物を集めだすと、どこかに脅迫観念みたいなものが働いて、例え気に入らなくてもそのジャンル(ここでは陶片)のものに出くわすと、取りあえず押さえておきたい衝動にかられるものらしい。そんな一品です。
黄瀬戸 菊文皿陶片

 「絵唐津花文陶片」です。伊万里の唐草文様などは余りに精緻すぎて、今の私の絵の参考にはさしてならないのですが、唐津の絵付けや織部の大胆な文様には非常な刺激を受けます。
絵唐津花文陶片

 オークション出品者によると、西安で手に入れたものとのことです。宋代の耀州窯のことは殆ど知識がありませんので、次なんとコメントしてよいやらですが・・・。

 昔から絵を描くときにビリジャン、つまり生の緑色は大変調和がとりづらく、苦手な色でした。そのかわりに、そこに黄土色を混ぜて作るモスグリーンは絵として使う色彩では好きで、私の良く使う緑色です。

 「青磁」にみられる緑系の色合いも、当初は苦手な部類のものでした。この色に初めて魅せられたのは、韓国の中央博物館でたっぷりと観た青磁と、「季節の中で」というベトナムを舞台にした映画からでした。ある出会いによって趣味趣向が突然として変わること・・・・・そんなこともあるのですね。
宋代 耀州窯 青磁陶片

 「陶片はこれだけ?」「そう九州に行ってきたんだけど、陶片はその二つだけだよ」と、見せられた一点です。目利きの人には笑われてしまうかもしれませんが、これは弓野のような、もう一点は三島のような欠片でした。好きで多少の図録は覗くものの、かといって陶磁器の知識も殆ど無いので、「どこのものですか?」と尋ねると、「それねぇ、唐津なんですよ」という。「へぇ〜唐津って渋いものばかりかと思っていたら、こんなのもあるんだ」というと、「そうね、でも唐津も伊万里の近くだし、当時はどこでもいろんな焼き物つくっていたんだよ」と、図録を見せてもらったが、伊万里ばかりで唐津のものは載っていなかった。他に欲しい物も無かったし、どちらも2千円だったので「舌切り雀」を思い出しながら、大きいほうの陶片を選んだ。アレ?飴玉は片手で掴めるけど、自動車は両手でも掴めないからなぁ〜、大は小を兼ねるとも云うし・・・・フム???

 図書館で確認した唐津焼きの本によると、唐津焼きには確かに三島唐津とか二彩唐津と呼ばれるものがありました。私の手に入れたものは、素地も黒くおそらく「二彩唐津」といわれるものと思われます。白土による刷毛目がはっきりと認めらます。鉄釉による黒ないし茶色と、銅粉による緑の色彩には、織部の雰囲気も宿しています。絵付けにこすった名残が認められ、さして上手いとも思えないので、手ごろな雑器ではあったのでしょう。

陶片 ・ 唐津



 瀬戸物と言えば「焼き物」の代名詞で、私が子供の頃は茶碗も湯飲もみんな「せともの」と呼んでいた気がする。陶磁器が「せともの」だけでないことを知ったのは果たしていつの頃だったろう?

 瀬戸の石皿や行灯皿には郷愁をそそる絵付けのものが多いが、私にはなかなか手に入らない。これはオークションで見つけたもの。織部は依然として手に入らないが、この手ならまだまだ大丈夫である。勿論詳しい訳ではないので時代は読めないが、いつもの如く出品者に戴いた返答では「多分江戸中期頃のもの」とのこと。そういわれると自分に目の無い私は、その言葉がこの陶片のバイブルとなります。ただし、それが現代のものと判っても、全然平気なのです。「それではいつまで経っても目利きにはなれないね」、なんていう言葉が聞こえてきそうですが、若し聞こえても残念ながら今の私に返す言葉は、無いのです。「江戸の魅力」と銘打ったにしては、少々不見識なことを書いてしまった気もします。が、しかし、しかし・・・なのです。
絵瀬戸

江戸の魅力へ