習熟訓練テキスト

飛行操縦技術の向上に使われる訓練の代表的なものが、S字飛行と8の字飛行です。

S字旋回
   
手    順 注   意   点
追い風にて目標点上空から、
左180°旋回に続いて切り返し操作、
右180°旋回を完了して終わる。
追い風で開始
パワー5500rpm
速度50mph
バンク30°
高度450feet
@目標(線)の設定
A目標線に直角に、風下側(追い風)から向かう
B速度50mph、高度450feetを維持する
Cオールサイドクリヤーチェック
D目標上空から180°旋回にロールイン
Eバンクが深くなると揚力の減少で機首下げ傾向となる。
  僅かにステックを引く(バックブレッシャー)
F目標線上空の手前からロールアウト、線上で右180°
  旋回に引き続きロールイン。
G切り返しの際、バンクを戻していくと揚力が増す為、僅か
  にステックを押さえる。
H右180°旋回、目標線の手前でロールアウト
I目標線上空で水平飛行状態となり旋回終了
風に直角な道路、水路等



バンク角30°当て舵操作
遠くの山に仮想水平線を引き、
  目安を捉えて水平飛行維持
左から右に切り返すのは目標
  線上
速度50mph バンク30°

高度450feet
S字旋回 
 
手    順 注   意   点
追い風から、
目標地点の上空で左360°旋回に入り、
旋回終了後、元の地点に戻り切り返して右360°
旋回し、また元に戻る。
追い風で開始
パワー5500rpm
速度50mph
バンク30°
高度450feet
@目標(線)の設定
A目標線に直角に、風下側(追い風)から向かう
B速度50mph、高度450feetを維持する
Cオールサイドクリヤーチェック
D目標上空から360°旋回にロールイン
Eバンクが深くなると揚力の減少で機首下げ傾向と
  なる。僅かにステックを引く(バックブレッシャー)
F目標線上空の手前からロールアウト、線上で右
  360°旋回に引き続きロールイン。
G切り返しの際、バンクを戻していくと揚力が増す
  為、僅かにステックを押さえる。
H元の地点上空で旋回終了、水平でロールアウト
風に直角な道路、水路等



バンク角30°当て舵操作
仮想水平線で水平旋回維持
  バンク、速度、高度、確認
左右に切り返すのは目標線上

速度50mph バンク30°
高度450feet