Music

音 楽    M _ 0 1 2

私 の 好 き な 音 楽 の 話
♪  ♪  ♪
  

   1,979年夏、軽井沢でくつろぐ John Lennon

1,980年12月8日、ジョン・レノンが射殺された日のことは今でもよく覚えている。ぼくはその頃、夜間の学校に通っていた。 休み時間、誰かが「ジョン・レノンが殺されたらしいぞ」とささやいているのが耳に入った。すぐ彼に問いただしたが、情 報源があいまいで真偽はつかめなかった。そういうことにしたかった。信じられないというより、信じたくない気持ちのほ うが勝っていたから。下校時、学生があちこちでジョン・レノンの話をしている。聞くのが嫌だったから、ひとり足早に駅へ 向かった。阪神電車で梅田に着き、改札を出て階段をかけ上った。いくつかの人だかりが出来ていた。胸がドキドキした。そ のひとつを覗いてみると号外を配っていた。やはり、ジョン・レノンが射殺されたことを報じる号外だった。生前の顔写真が やたら大きく、文字は少なかった。事件の詳細はまだわからなかったのだろう。その顔写真の、ジョン・レノンの目を見つ めた。死を受け入れた。受け入れざるを得なかった。事実だから。家に帰ってテレビをつけると、ジョン・レノンの死を悼む 特別番組をしていた。あまり見る気がしなかった。中学生の頃から大好きだったジョン・レノンが死んだというのに、なぜか 思ったより悲しくなかった。いつもどおり風呂に入って、イマジンを聴いて寝た。


今でも時々ジョン・レノンを聴く。ぼくは知らぬ間に、彼が死んだ年齢(40歳)を越えてしまった。でも不思議だけれど、いつま でたっても彼はぼくより年上であるような気がする。

♪  ♪  ♪
◆   top      ◆   architecture     ◆   music      ◆   others      ◆   essay     ◆   about me     ◆   contact << previous      next >>