Others

そ の 他    O _ 0 2 5

興 味 を も っ た こ と な ど ・ ・ ・


トヨストーブ/CT-1B形

どちらかといえば、ぼくは"もの持ち"が良い。
たとえば、セーター。 秋冬限定とはいえ、30年来同じセーターを家で着ている。毛糸でざっくりと編んだ ものだけれど、もはやほとんど伸縮しない。だら〜っと伸びたまま。もちろんあちこちほころびているし、ひじの部分など薄くなって下に着ている シャツが透けて見える。着ているときは、こんなボロ着は今年かぎりで捨ててしまおうと思うのだけれど、暖かい季節が近づくと、名残惜しくなって か、あと一年だけ着てから捨てようと心に決める自分がいる。特にそのセーターに愛着があるわけではない。ただなんとなく毎年同じことを繰り返し、それを 着ている。
左の写真の石油ストーブも同じだ。これも 30年来使っている。18才のとき名古屋でひとり暮らしをすることになり、その初め ての冬を迎えるにあたって、たしかひと駅離れた"金山"のダイエーまで自転車をこいで買いに行った記憶がある。ダイエーはなんでも安い、と子供心に思っていたの だろう。静かだし、炎が見えるので、ぼくは石油ストーブが好きだ。なかでも当時、対流式の丸型に憧れていた。そのタイプでは"アラジン"という ブランドが名を馳せており、スタイルもメカニックでカッコよかった。でも18才の学生には高嶺の花。ぼくは分相応である地元メーカーのストーブを 買うことにした。少し野暮ったいが、なんといっても対流式の丸型ということが、嬉しかった。部屋の真ん中にそのストーブを置き、それ を囲んで友だちとお酒を飲んだり、お餅やスルメを焼いたり、また凍える手を温めたりと大活躍した。でも春になるとお役ごめん。分解掃除をして箱に入れ、 押入れの奥にしまい込む。秋が深まり寒くなると、またそれを出す。30年来この繰り返しをしてきたのだ。小さな営みの繰り返し。
そういう"もの"との関係が、さも自分の「生きている証」であるがごとく 。。。なんて思い至り、ひとり笑ってしまった。



◆   top      ◆   architecture     ◆   music      ◆   others      ◆   essay     ◆   about me     ◆   contact << previous      next >>