漢字は、それ一つで深い意味を持つ大変魅力的な文字です。その漢字を媒体として、その形から派生するイメージが、墨の色や香り、筆の繊細な流れと共に、見てくださる方々に伝われば、と思います。どうぞ、文字として読むのではなく、どんどんイメージの世界に思いを巡らせてください。

 幼少の頃より書にしたしんでおりましたが、19世紀末のヨーロッパ芸術や日本の江戸文化など多方面から影響を受けました。結果、数年前にこのスタイルにたどりつきました。

 私の表現スタイルは、日本古来の伝承芸術である 『書道』 『前衛的書道』 『デザイン書道』 など、どれにも属さないと自負しております。

  この独自のスタイルを、『墨あそび』と名付けました。

 華奢でシャープな勢い、墨特有の潤滑や濃淡の対比が折り重なって和とも洋ともとれる作品に仕上げています。

 このたび、芸術家の登竜門 『ル・サロン』 に2005年初挑戦で入選し、その感触に確かな手応えを得ることができました。

  『墨あそび』を通して、墨と筆を用いた伝統的な表現方法が、国境と世代を越えて幅広く受け入れられる事を望みます。

  これまで培ってきた芸術に関する技術や知識と、プロとしての感覚(仏料理インストラクター、フラワーアーティスト)を信じて、書を愛し、墨の香りに包まれて全く独自のスタイルで創作してゆくつもりです。


 
新しい 作品は、 こちら