森の恵み…手作りの椅子たち


それぞれの椅子は画像クリックで拡大します。

 


手作りの椅子







わが家がある脊振の山々には広大な人工林、つまり植樹された杉、ひのき、椚の山々が広がる。

しかし、今ではすっかり放置された手付かずの自然林も多い。

そこには様々な広葉樹が生い茂っている。

わが家の山も、そんな「手付かずの大自然」が残る、かつては管理されていた里山だ(笑)。

コナラ、椚、山桜、イタヤカエデ、ケヤキ、栗などの落葉広葉樹や、

カシ、椎、榊などの常緑広葉樹などが聳え、

低木にはイヌツゲ、エゴノキ、椿、柴その他もろもろの木々が茂っている。

いつでも山をちょっと散歩するだけで、ストーブの薪には困らない。

余談だが、山に移った10数年前には、せっせと薪割りに励み、

冬のストーブに備えていたが、今では薪は拾うもの、と決めている。

また、里山では椎茸のほだぎとして、椚の伐採を定期的に行うが、

そんな時にも大量の雑木が伐採される。

放置された雑木は自然に朽ち果てて、また山の養分になるんだが、

一部を薪にするだけでは雑木に申し訳ない。と言うか、

この雑木のデザインはどうしても残したい、と言う奴がたくさん存在する。

そこでわが家では、そんな雑木を使って、様々なクラフトを製作する。

今回紹介した椅子たちも、その一つだ。


家具を造る。

材料となる木々は、伐採して3年から、ものによっては10年以上自然乾燥させる。

伐採の時期は、普通は木6竹8と言って、樹の場合、新暦7月以降または落葉し始めが酔いとされるが、

また、満月では無く新月が酔いとされるが、わが家では意識的な伐採を除き、

切った時が切り時。


若干の解説。完全に落葉するよりも落葉が始まった時期が酔いのは、

まだ葉を付けた状態の方が、葉からの蒸散作用が働き、乾燥が早くなるため。

また、満月の場合は樹液を吸い上げており、これも乾燥を遅らせるので新月となる。

さて、あらかた材料を集めると、姑くは材料との宴会だ。

じっと材料を眺めながらひたすら呑む。

すると、次第に木々が語りかけてきて、おのずとデザインが決まる。


これは10年以上乾燥させた楠。

広葉樹も、ここまで来れば、暴れることは少ない。

この後、この子はテーブルの天板になるので、

ひたすらカンナとの格闘、削りまくる。

ちなみに密閉した部屋で削りまくると…

楠の場合、鼻血が出ます。

なんせ樟脳なんで。


材料の樹に若干の虫食いがある場合も出てくる。

そんな時は、松葉に樟脳とニームを吸わせて

穴に突っ込んで塞いでしまう。

枝を磨いてから、樟脳とニームで全体を拭き、

クルミオイルをたっぷりと吸わせる。


左の画像はクリックで拡大します。

板物はエイジング処理をしたり、ささら仕上げをしたり、

あるいはちょうな仕上げをしたり、と様々。

もちろん丸のみは大活躍です。

写真中央がカンナのみ、下がエイジング加工でバターミルクペイント仕上げ。

上はささら仕上げにクルミ油フィニッシュです。


角者は荒く真を採ります。

この時はチェーンソーが大活躍です。


先ほどの楠の天板を削りまくり、

脚を固定してクルミ油をたっぷりとご馳走します。


左の画像はクリックで拡大します。

テーブルの完成。

うーん、家具づくりって、森歩きって、やっぱり止められませんね。


ホームに戻ります。ちにた