描くことを大切に。

お絵かき、工作と行っておりますが、まずは絵を描くことを大切にしたいと思っております。自分を表現するのに絵のほうがしっかりと自分に向き合うことができるし、また絵に向き合う力、絵を描く力もつけていって欲しいと考えているからです。
工作をする方が好きな子どもは多いですが、がんばって絵も描き、絵を描くことも好きになって欲しいのです。

 

描くもの作るものは自由です。

子どもたちには基本テーマを決めずに制作してもらっています。鳥が好きな子は鳥を描き、楽しいことがあった子はその経験を描き、家から空き箱を持ってきた子は、空き箱を使って工作をします。自分で好きなことを見つけて、自分で工夫して制作できる子どもになってほしいと思っています。子どもたちはみんな個性が違いますので、描くもの、作るもの色々なものが出来上がって楽しいですし、他の子どもが制作しているのを見て「自分もやってみたい」と影響を受けることもあります。みんなで共通のものを制作したり、ときどきテーマを用意することもあります

 

子どもそれぞれに合わせた制作・指導を

形を描くのが好きな子、色に興味がある子、絵が苦手だと思い込んでいる子、興味がある対象も成長の度合いもバラバラです。その子にとって、今なにを制作するのが必要か。ひとりひとりこちらで考えながら、子どもとの会話を大切に制作指導するように心がけています。

子どもたちが自分らしくいられる場所

子どもたちが自分らしくいられる場所、羽根を伸ばせる場所であってほしいと思っています。その環境の中で制作をすることで自分を表現できるようになってほしいと思います。

技術よりも心を大切に

見たものをそのとおりに描いたりする技術も大切ですが、その前に、ものを見てどう感じたのか、それを表現することを大切に描いてもらっています。技術はあくまでもそれを表現するために付随して必要なものであると思います。

時々おでかけします。

肌で感じられるような体験というものをさせてあげたいし、楽しい経験をさせてあげたいと思うので、ときどき教室からおでかけすることがあります。絵画展、博物館、鍛冶屋さん、海、漁港、絵の具工場見学、一泊でホタル狩りに出かけたりもしました。そういった楽しい思い出を絵にし、さらに想像を広げていくことができれば理想であると思います。

いろいろな年齢の子がいっしょに制作

いろいろな年齢の子がいっしょに制作しております。大きな子からすると、時には小さな子がうるさかったり、小さな子からすると、大きな子が厳しかったり、デメリットもありますが、いろいろな年齢の子がいっしょの時間を過ごすことも大切だと思いますし、大きな子が小さな子の面倒を見てくれたり、小さな子が大きな子の作品を見て憧れたり、素敵なこともあります。

教室は戦前の建物

教室が築70年以上と古い建物です。時々停電したりもしちゃいます。この時代にビックリです。はっきり言えばボロいですが、その分絵の具などがついても大丈夫ですし、なんでもきれいな今の時代、子どもたちも、こういう場所で過ごす経験があってもよいのではないかと思います。教室の最後には子どもたちにも掃除をしてもらい、なるべくきれいにするようにしていますが、子どもたちの制作意欲にこたえるため物はいっぱいです。

短所

静かに座って黙々と絵を描く雰囲気ではありません。来るなり「疲れた」とゴロンとなる子がいたり、騒ぐ子もいるし、時々ケンカになっちゃうこともあります。遊んじゃう時もあります。ただ遊んでいるだけなのは注意しますし、時々きつく叱ることもあります。ただ遊びの中から思いがけない発想で制作に結び付くこともあったりします。子どもにとって制作は遊びの延長であることも少なくありません。なるべく子どもそれぞれが自分らしく自然でいられる環境の中で、自然と制作をしてほしいと思っています。