いまだにどうしてこんなことになったのか考えている。
くりかえしくりかえし、はじめの日のことを考える。
夢の中でその日は青い。
夏の日の海のように透明で青い。


どこまで巻き戻せば是正できるのか。
記憶をさかのぼれば、色とりどりのあめだまが
線を引いて逆巻きに通り過ぎていく。


みなもとには、黒髪の騎士がいる。
神様のように立って時の逆流を阻む。
かれは愚者の妄想さえも許さぬらしい。


幾たびも、その物静かな眼差しを思い返すうちに、気づいた。
かの男は、誰かに似ている。
これまでの自分の人生に関わった誰かと、確かに同じ顔をしている。


夢の中では、それが分かる。
ところが目が覚めるといつも、解答を忘れている。



乱れた思いで寝苦しい床を出れば、こんなときに限って、少女は先に目覚めていて、この広々とした新しい借家の中のどこにいてもいいのに、居間のテーブルに、ついている。
まるで玄関への出口を塞ぐようだ。



彼女は兎がいないので、退屈そうで、
自分を見ると、小さな声で挨拶をする。
おはよう。今日も、仕合です。








<< 戻る 進む >>